FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生  【ネーデルランドの諺】 柱を噛む男

いつも考え事をしながら遊んでいる子供でした 

遊びに集中出来ていないわけでも、退屈なわけでもないの

私が同時に複数の思考をするのは、脳のトレーニングなのです

独りで遊ぶ時は、その時に興味を持っていた事を考えています

自分で国語辞典を【解読】して言葉を憶えた私は 

言葉は 『事実を正確に』 表していないと知るの

言葉は心を表す手段だけれど 心の正確な写し身じゃない 

ディフォルメ【歪曲】されている 

ブギーポップ

人が、互いの【心】を上手く理解しえないのは 言葉の意味が互いに異なっているから

身体を使う遊びに余裕がある時 私は言葉の謎を解くのが常だった

経験と知識【学問】とは何なのか? 

私は世界から、何を学んでいるのだろう?


鬼神誕生  【ネーデルランドの諺】 柱を噛む男…の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |