FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 嘘をつかない狼少女 汝は人狼なりや?

こどくおおかみ

中学校 給食時

パク モグモモグ

優香「あの~ 先生? コレ食べない方がいいですよ?」
先生?

担任「?」

優香 パクパク モグモグ パクパク モグモグ



どこの先生?注:女性です。

担任|ω・`).。o○(給食費も【払えない】家の子が毎日、10人前は食べていく・・・ 
きっと、お家じゃご飯食べてないのね)

担任「お代わりは幾らでもあるから、どんどん食べていいのよ?」

優香「ゴクン えっと・・・【私は平気】だけど、皆は耐えられないと思うの」

担任「大丈夫、沢山あるから・・・」

優香|ω・`).。o○(【毒】だから食べない方がイイって、言った方がいいのかな? 
でも誰も信用してくれないし・・・ まぁ【死なないレベル】だしイイかな・・・)


中学校 学級閉鎖→学校閉鎖

翌日、各家庭で二次感染発生、病院に大量の食中毒患者が殺到する。

翌日、病院内で三次感染発生、町に人影が殆ど無くなる。


優香「人通りが全然無いや。 皆、今は病院のベットか自宅かぁ・・・」
  「独りは、つまらないなぁ・・・」


幸い、死者は出なかった。 
感染力が異常なほどあったが、致死性までは無かった。



何時○されても、おかしくない家庭で育った。
毒も置いてある。 だが・・・【子供が間違って食べた】という言い訳は
中学生では通用しない。


あの【殺鼠剤】は、少なくともネズミの鼻では毒だとは気づかれない。

私は何時、何をされてもいいように、あえて腐った物も食べ続けた。

いつの間にか【毒】は【無味無臭】でも判る様になっていた。


【抗毒狼】 Fin

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 田舎のヤンキーのダサさは異常! | HOME | 鬼神誕生 嘘をつかない狼少女 忘れられた存在>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |