FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

昔々あるところに・・・    黒ゆーかシリーズ ②

ぴちゃぴちゃ、バシャ
バケツにいっぱい水を入れているので、5歳の子には重いです。

花火は袋に入っているので多分大丈夫 服を濡らしながら歩きます。


口に花火の袋を咥えて右手にバケツ、左手にマッチとロウソク。

あれ? こんなシーンどっかで書いたような・・・梟さんとダンボールと止まり木と鍵だ! 
(;つД`)

公園に着きました。 公園の名前を覚えていないのですが、とても大きな公園です。
なにしろ中に無料の動物園があるので、昼間なら100人ぐらいは人がいる様な所なのです。

人が多いので、花火は邪魔にならない様に公園の隅へ。
遊具も何もない場所を選んだので子供も来ません。

ここなら安全かな・・・

マッチでロウソクに火をつけ、花火を1本取り出します。

きれいに見えるかな?

ショボショボショボ・・・

なんか・・・昼間だから映えないとかじゃなくて、火薬が湿っているみたい (´;ω;`)ウッ…
これじゃ線香花火の方がよっぽどましです。

気を取り直して2本目! ・・・火が点きません。
まさかと思いながら3本目。 ・・・火が点きません。
4本目、5本目も点きません。 

私は火が点かなかった花火を一箇所にまとめて置いていき、次々と花火に火を点けていきます。
悲しいことに殆んど火が点きませんでした。 

ガッカリしながらも最後にとっておいた花火に火を灯します。 

パチパチ・・・

よかった、線香花火はちゃんと点いたよ・・・

私は風で落ちないようにしゃがんで花火を楽しみます。

夜ならもっときれいだったのに




バン!

突然、私の右側で爆発が起こりました。
そうです、火が点かなかった花火を全部まとめて置いていました。 それでも、もし立って花火をしていたなら、なんともなかったかもしれません。

一度に爆発したソレは右の肘の肉を吹き飛ばし、動脈から出血をさせました。

あ・・・

転んだ時、痛かった

『怪我をしてくれ』なんて頼んでないぞ!

叩かれたから、痛かった

風邪を引いた時、痛かった

風邪がうつったらどうするんだ!
 
お前が代わりに働いてくれるのか!?


いっぱい叩かれたから、痛かった

どうしよう・・・

血がぜんぜん止まらないよ・・・

痛い

きっともっと痛い

このまま家に帰ったら、今より痛いの!?
もう、家には帰れない・・・

泣いた時も叩かれて痛かった、だから声を殺して歩きます。

涙の代わりにを零して

つづく!  

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

黒ゆーかシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<え~~~!? ニコニコの素人作品の方が面白いんですけど | HOME | 昔々あるところに・・・    黒ゆーかシリーズ ①>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |