FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

人類は笑顔で近づきナイフで刺す・・・

人類は一度決めた事は

最後までやり通す

間違っていると気づいた時には

人々は滅んでいる・・・










ドキドキ子悪魔
【The Jupiter with a badly-bruised lie】はね? 人が勝手に滅んじゃうのが怖いんだよ?
File0020.jpg



http://mamefurai.blog97.fc2.com/blog-entry-151.html
マケフライ転載

センチメンタルな奴が多いな。
帰ってきた「工学実験探査機はやぶさ」ってのは、ただの壊れかけた機械だろ。

だぁからぁ。
帰ってきた「はやぶさ」は、再突入回廊ではなく、より深い降下角度で大気圏に再突入する。
帰ってきた「はやぶさ」は、断熱圧縮による空力加熱で、真っ赤な軌跡を描く紅蓮の火の玉となり、轟音とともにダイオードひとつ残さず燃え尽きる。
燃え尽きた「はやぶさ」は、ゆっくりと成層圏に拡散する。
燃え尽きた「はやぶさ」は、高度13kmでジェット気流に乗り、天空を駆け廻る。
空を廻った「はやぶさ」は、高度6kmで乱層雲と出会う。
空を廻った「はやぶさ」は、昇華核として飽和水蒸気を集め、氷晶となり雪片となる。
雪になった「はやぶさ」は、ひらはらひらりと舞い降りる。
雪になった「はやぶさ」は、途中で融けて雨になる。
だから。

ある朝玄関を出たお前の肩先に落ちる一滴の雨粒、それが「はやぶさ」だ。

http://vidzilla.info/2010/06/19/nasa-team-captures-hayabusa-spacecraft-reentry/
転載
>多忙極める最先端のエンジニアであるにもかかわらず、はやぶさの帰還ルートを捕捉してわざわざ撮影してくれたわけですから。
勘違いしてるよ。前にも書いたけど、NASAは善意で撮影したわけじゃない。
アメリカは【軍事的に】大気圏からの高速突入技術を研究してるんだ。
ICBMって知ってるか?それの威力がアップするんだよ、高速突入はそれだけで現在のICBMの火力にも勝る威力となる。(ICBMの突入速度の実に1.5倍の速度をはやぶさは実現した上、更にそれに耐える耐熱技術を持っている)
この世界で二番目に早い高速大気圏突入データをアメリカは研究者としてとっても欲しかったわけだ。
だからNASAに観測させたんだよ。
だってアメリカが自前で同じデータを取ろうとしたら、打ち上げるだけで数百億円、耐熱開発技術やら何やら周辺技術入れたら千億円以上かかるからね。
忙しいのにわざわざ?とか、変な勘違いはやめてくれよ。




磁気の弱い金星モデル
911647e9113df271721c98d5a3efe535.jpg
014.jpg
013.jpg
007.jpg
木星磁気圏モデル



何から聞きたい? 何を知りたい? 何が理解できない?

死海文書から何を学んだの?




獣に訪ねるがよい、教えてくれるだろう。
空の鳥も貴女に告げるだろう。
大地に問いかけてみよ、教えてくれるだろう。
海の魚も貴女に語るだろう。

ヨブ記 12章7・8節

○○ 鏡 Spirulina Mirabilis より。





事実は事実! 

そこから全てを始められない

モノに科学を語る資格無し!






漫画やアニメの方が半分正解で、ノーベル賞とかいうギャグが100%間違いって何?


バカな私に理解出来る様にやさしく教えて欲しいなぁ!


竜に恋した少女エンディングで使うネタ使わせるとか!

テーマ:戯言 - ジャンル:日記

本当は怖い優香 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<酔ってませんよ? アルコール苦手ですから・・・ | HOME | ね~~~~ ジンルイッテイツカラコンナニオイシクナクナッチャノ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |