FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

軍神! 一子相伝 殺人拳 後編

弟は・・・ ある段階で軍神の家に通う事を諦めました。

私から言わせれば、弟に【武】の才能は無い。
教える方も『教える達人』では無いです。



私から丁寧に毎日、教わった方がマシなの。
ついでに言えば命が幾つあっても足りないDeath



軍神の強さの秘密は【破壊力】では無い。

戦場で一度も被弾しない【隠形】能力が【地上最強生物】足らしめている。


気配ゼロの殺人鬼
【貫き手】による破壊力はライフル並み。
【正拳突き】による破壊力はバズーカー以上。
【蹴り】による破壊力は・・・ 小型ミサイル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の【仮説】では人類は『直立二足歩行』という『暴挙』により
『戦闘能力』を著しく落としてしまった。

注:半分1/2参照 


サーベルタイガーもそうだが『進化の方向』を誤ってしまうと
生態系の頂点に居た生物も絶滅してしまう。


サーベルタイガーは大きく為り過ぎた。
体重が重くて速く走れない。 仕方が無いから『隠れて』獲物が
『至近距離』まで来るのを待って襲い掛かる。

風向きが変われば『匂い』でバレてしまうのだ
彼らはハンターでは無くなりスカベンジャーとして最後を迎えた。


人類はもっと大変な事態に陥った。 
知恵をつける前に『攻撃力』が落ちてしまった。
『速度』も落ちてしまった。
サーベルタイガーと同じように『隠れて』狩をするしか『生き残る道』が無いのだ!


人類が他の生物より著しく発達させた【脳】
この器官の【前頭葉】に隠れる秘密が有ると私は【仮説】を立てています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
気配を【殺す】とは・・・


私は『相手の脳内』から自分の『情報を殺す』能力【仮説】

相手の脳内には自分は居ない。
『見えない』から攻撃されない、逃げられる事も無い。


戦場であっても『何も無い』所に銃撃はしない。
ましてや味方の『至近距離』に適当な砲撃など問題外!


軍神は気配を【殺し】堂々と?敵軍の中で殺戮を行なった。

味方がバタバタ倒れて行くが、砲撃の最中では不振に思われない。
そして『日本軍側』の攻撃が散発的になった辺りで殺戮を止めて帰って行った。


敵からの銃撃が『無い』のに『死者』が出れば『不自然』過ぎますからね・・・


そして味方に殺した数の『骨』を見せて自慢するの。


私は気配を【直接】殺す方法は思いつかなかった。
仕方が無いから【間接的】に殺した。
複合業【宵闇の光芒】

弱点満載! 発動までに時間がかかりすぎ! 
『煩い』場合『出来ない』
既に『恐怖』を刷り込みして居ないと『出来ない』
田舎のヤンキーが殆どバイクを持って居なかったから可能だった。
砲撃の煩い戦場では当然、使い物にならない。

誰?
うるちゃい、うるちゃい、うるちゃい

コッペパンだってばよ!
メロンパンを要求する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

辞める時に弟は止せばいいのに、他のもっと『簡単』な道場を紹介してもらった。

戦鬼から見て『簡単』なダケでしょう?JK・・・

注:戦鬼=軍神の子


他流試合を禁止している某道場。
知名度は高くない。 
ただ全国の『真の空手』を目指す者が紹介されて集まって来る。

100名集まっても1年で1~3名に減少するそうです。

昇段試験が厳しい。
初段に為るには『既に初段』の人間3名を【同時】に相手をして
勝たなければ初段に昇格出来ない。


3対1が昇格の条件
二段になるには当然、二段3名を同時に相手をする。

初段で大抵の道場での五段以上の強さ。



師範「おい、今から【他流試合】に行くぞ」

弟子「オスッ

師範「準備はいいな? 全員トラックの荷台に乗れ」

弟子「オスッ

そのままヤ○ザ事務所に殴りこみをかける


師範「存分に戦え! 【試合】での【事故】で【警察】に通報はされん」

弟子「オスッ


え? 弟? 辞めましたwww



知られざる一子相伝殺人拳 Fin


PS:一部、当時の推理と現在までの情報で推理に誤りがありますが気にしませんよね?

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 U 晴れのち猫と傘と蒲公英ドキドキ向日葵 | HOME | 軍神! 一子相伝 殺人拳 中編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |