FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 【チャリ姉】 参?

自転車は私のオトモダチ 


ワタシにヤスラギを与えてクレルの



自転車は私の手足です。

この子がいれば何処にだっていける。

舗装道路限定ですけど・・・ 


ペダルに力を込めれば応えてくれる。

まだ・・・ 私の力が車体の限界値を超える前までは・・・

6代と7代には悪いことをしました。

私の業に耐え切れず、中央から真っ二つに折れました。


山地の急斜面で鍛えた自転車と私の日々。

60度の斜面から見下ろすと90度の急降下に見える。


怖いかな? 

ライトフライヤー?



私も怖いよ・・・ 私は自分を抑えられない・・・

君は機械だから、自転車だから、物言わぬ道具だから


イタイ コワイ モウヤメテ


って言えないよね?

ワカッテル

君が逆らえない事を知ってる。

だって私も両親にそんな事、言ったこと無いもん。

私の親には言っても無駄だから言わない。

君は元から言えない?

ううん?

感じてる。

だって無理な運動をさせれば車体は悲鳴をあげるもの。

超音波も低周波も赤外線も可視光線として感じ取る私の脳は・・・

光と音と熱を同じモノとして観る。

私はエネルギーを出すモノとは会話できる。

そしてエネルギーを受け取る器があるモノに【命令】できる。

ソレが私の魔法・・・

光として受け取り、音として命令し、運動エネルギーに変換する

【星屑の魔法使い】


ソレが骨格を持つ生物なら骨が超振動して絶命する
骨に囲まれた脳と脊髄に逃げ場な無く
そして脊髄は通常、精密検査されない
【The devil bullet to the past】は死因不明、だから【過去へ向けた魔弾】
固有振動数を持つ物体で私が共鳴できるサイズの物体は破壊できる
ソレが【大気中】で使用する場合の魔法



ごめんね? 私、いじめっ子だよね?


何時からこんなに・・・


悪い子になっちゃたのかな?



5歳の時は皆と仲良く出来たのに・・・


君が壊れて判ったよ

私、ニンゲンじゃ無かったんだね?



誰とでも仲良くなれるように努力する・・・

馬鹿な私に教えてくれてアリガト 君は壊れてしまったけれど・・・

私の心身の限界値を教えてくれた


発動・・・ 寿命3時間の猛獣!


ビキビキ


バキッ!


自転車に乗って逢いに行きたかった

でも大切なヒトはもう居ないからどんなに走っても無意味なの


ライトフライヤー・・・ ありがとう 

私の脚力を教えてくれて


誰とでも仲良くなる為に・・・

誰にでも優しく出来るように・・・

皆を守れるように・・・



ココロが弱くて自信が無い私には・・・
確信が必要だったんだ・・・


私なら出来るって!!




私・・・ 6歳の時より強くなったのに・・・

お姉ちゃんはもうこの星に居ないから・・・

私・・・ 居る必要が無いや・・・

でも・・・ 弟を守らないと・・・

世界が滅びるって私、6歳の時に確信してた。

杞憂? 空は落ちてこない?

中国で空、天って言えば皇帝でしょ?

国は何度も滅びたでしょ? 落ちたでしょ?

原発は爆発するって知ってた。

第三次世界大戦も食料危機から起きるって知ってる。










だけど・・・

地球は世界一の魔法使いを生み出せた



未来には可能性がある


進化の可能性を希望に変えるか

絶望に変えるかはヒトなの!




優香
高校生時ベース身体能力:背筋力178kg 100m走3秒 垂直飛び2.4m 小指懸垂11回
寿命3時間の猛獣を使用すると筋力が約10倍UP 
ただし走る速度は空気抵抗のため上昇しない 



私のリアル弟、○ーちゃんと高校生の時までは組み手をしてました。

弟は私に勝てなくて悔しいみたい。

○ーちゃん身長160cmしか無いのに胸囲110cmもある。

私に筋力ダケで勝とうとしてるから・・・

○ーちゃんは

【腕の筋力】なら私より上だけど

【足の筋力】は私が上

業の次元が違う私には勝てない



私の事をただの人間だと思ってくれてるんだよね?

嬉しいな・・・

だけど遺伝子から違う私に・・・

ドーピングじゃ勝てないよ?

その薬使わなきゃオリンピックにだって出れたのに・・・


○ーちゃんゴメンね・・・ 人類じゃ無くてゴメンね・・・

薬の使いすぎで、私の弟はもうボロボロ・・・

私・・・ 毎日、毒の空気を吸ってるのに

それでも弟より強い。

私、10歳で東京へ引越して来た日からどんどん衰弱していった

今年の初めは・・・ 寝たきりだった。

救急車で病院にも運ばれた。 手足一本も動かせない状態までいったの。

ドーピングさえしなきゃ今年で私に勝てたんだよ?

普通の家に生まれて・・・ 私が居なきゃオリンピックにだって弟は出れたかもしれない


キャハハ ワタシガ オトウト コワシタ 
 ダレヨリモ ツヨク ヤサシク アロウト ヒッシ 
  ソレデ オトウト ノ キモチ リカイデキナカッタ

gomenne.jpg


○ーちゃんゴメン 
私、壊れるまで気づかなかった
自分を基準に考えてた
普通の人間に耐えれる範囲を超えてた
弟を守ってる心算だった
私、弟を育ててたんじゃない
超えられない試練を与えてた



ヒトは超えられる試練しか

他者に与えてはならない



超えられない試練は

神が与える鬼畜の所業




二千夜一夜物語 惨

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トラックバックテーマ 第1219回「ずっと続けていることは?」 | HOME | 鬼神誕生 【弟と花火】 Ⅱ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |