FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 【弟と花火】 Ⅰ

【弟とカブトムシ】のその後

ほむほむ001
二週間後、この田舎街にサーカスが来る

注:何日後は事実とは違うから捏造? 演出Death! 


あれは4歳の時の夏の田舎街の出来事です。

街にはサーカスが来ていました。

サーカスの上演はありきたり。

他の人々も目新しさを感じないせいで、次第に減っていきました。


夜の田舎のサーカスはサバトの様


さぁ・・・


ワルプルギスの夜の始まりだ


星月夜

火祭りの熱に浮かされたのでしょうか?

いいえ・・・

ワタシタチ狂気ノ家族ハモトカラ

醒メナイ悪夢ノ住人


家の側の小川で私が見たモノは・・・
○ーちゃんがロケット花火を6本、爆竹を一束、カブトムシにテープで固定した所

私に殺されかけた弟は・・・
私の大切なモノだけを選んで壊すのがマイブーム

自分の命よりカブトムシを大切にする姉だと思ったんだよね?


え? ソレ何? ○ーちゃん?!
ほむほむ000

それは黒い流星・・・

闇夜に黒き殻を・・・


喰らい魂に装飾されて・・・

I drink it

It is dark

I cry


Dead Man Flying


【生命を持った魔弾】

弟は私に向けてロケット花火と爆竹を搭載したカブトムシを射出しました。


見える・・・
1/100の一秒を捉える私に、ソレは遅い
だけど・・・

導火線の長さは? 
燃える・・・熔ける・・・
プラスチックに焦がされたカブトムシ・・・


掴む 
テープでグルグル巻きに頑丈に固定されている
短い導火線・・・
毟り取ればカブトムシの手足も羽も千切り取れる

・・・

Deus ex machina000

絶対に間に合わない!

外出時は大抵、手袋をつけている私
手のひらに火傷を負う心配は無い

着火すれば停まる事など無い固体ロケットモーター

ヒトの悪意はヒトの無知から
ヒトの諦めはヒトの無知から


水平に射出された生きたロケットを私は垂直に打ち上げ直しました。

ぬばたまの小川
群れ飛ぶホタル

ホタルより明るく
黒イ殻、白イ腸、赤イ焔



私には・・・

私に生き物と友達になる自由は無いの


友達は皆、死ぬの

弟を殺しかけたあの日から・・・
私には呪いがかかったのかな?

なぜか大切なヒトほど死ぬの・・・

一番大切なヒトから死ぬの・・・

もう誰も愛さない



4歳の私のココロが解凍されるのは
5歳の時の魔法使いとの出会い。
6歳の時の白いお姉ちゃんとの出会い。

そして7歳になる前にお姉ちゃんと別れたの・・・

キャハハ ミンナ シヌノ ミンナ ワタシ ヲ オイテ イク ノ


世界一の魔法使い
「孤児院で食事を奪われた少女に・・・
 自分の食事を分け与える貴女は魂も運命も誰よりも強い」
「絶対に全てに勝ちなさい」

yume.gif

優香「そんな夢なんか観れない・・・ 
だって私の脳・・・ 
大切な魔法使いとの思い出から真っ先に壊れたから」

完全記憶再生+後天性相貌失認認症、その他沢山の脳力・・・

地震後ね? 
いっぱい都内を駆け回って私にとって毒でしかない空気をいっぱい吸ったら全部・・・

無くなっちゃったw

キャハハ ユウカ ガンバッタヨ
ドク デ ツカレタ・・・ ハヤク ゼンブ カカナイト・・・

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 【弟と花火】 Ⅱ | HOME | いけない! うん・・・ 淋しかったんだね?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |