FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 H ドウブツの謝肉祭 9

あの日から、私は何も変わってない

変わったのは回りの目だけ

そうだけが変わった



人を斬った馬鹿は自主退学になった

文化祭、開催前に退学とか・・・

きっと他所の高校でまたイジメられるのだろう 人を斬るのだろう

準備中に自分でカッターで手を切った人物は多数いた

遊びながら重量物を運んで骨折した者も居た

鼻を斬られた生徒もその一人として扱われる

事件は社会的には完全に隠蔽された 新聞には載っていない

文化祭は予定どうり行われ、他校や生徒の家族も見学に来た

私の天文部はプラネタリウムがメインで大盛況


すべて世は事もなし


しかし事件の目撃者は居る


斬られた所は数十名が目撃したし 私が助けた男は学校一の人気者

私にあだ名が増えた

影の生徒会長

リーサルウエポン


文化祭で他校ともめたのかな?

公園で『どこかの高校を襲おうぜ』なんて相談してるから

フリーザ←こう見えてるの?

優香「何の話?」

ワンピース1 優香
とても頭脳明晰、品行方正には見えないねぇ! やはり人は外見ですよ・・・ 

ワンピース0


その場で解散 私の在校中、学校襲撃断念


学校は平和になったって?

いいえ? 何も・・・ だって変わったのは目だけ

実態が変わったわけじゃない

私が卒業した後、ついに隠しきれない事故が起きた

陸上の槍投げ、砲丸投げ生徒に当たり死傷

生徒にも教師にも危機管理能力は皆無 


単純に私が怖いから大人しくしていただけ


幸運量保存の法則

新しい発見、発明など社会に創作の実りがもたらされない限り
人類全体が得る幸福の総量は変化しない


私は苛められなくなった 

私の努力の結果じゃぁ無い

知恵遅れの幸運がマイナスになった

社会的に抹殺されたと言っていい

代わりに私が【卒業までの】平穏を手に入れた


人を一人、破滅させ 得たものは半年に満たない校内だけの平穏
ユウ

同級生、教師から一目置かれる 下級生から好かれるようになった
マト0

何も生み出さず、弱者から奪って得た虚ろな幸福



雀(えんじゃく)いずくんぞ 鴻鵠(こうこく)の志を知らんや
私が何故、何に苦しんでいるのか判る者は居ない

ドウブツの謝肉祭 Fin

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 H 女子天文部 いち | HOME | 鬼神誕生 H ドウブツの謝肉祭 8>>

この記事のコメント

他人が不幸になることで自分が幸せになってると思うと
幸せなのも辛くなりそうです…

槍投げの槍が当たるってコワッ…
2011-09-07 Wed 15:51 | URL | ダメ子 [ 編集]
前方に先に投げた生徒と計測する教師がいるのに
『届かないと思ったから全力で投げた』そうです

教師の肩にかすり、さらに生徒の背中に刺さったようです

その後のニュースが無いのですが・・・

2011-09-07 Wed 18:11 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |