FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 H 女子天文部 にぃ

始めは気づきませんでした

まさか陰謀? 

いやそんな大げさなモノじゃないんだけど・・・


どこから私の事を知った?

ユウ1
                             ↑Sちゃん                              ↑優香

このこ何かと私にくっついてくる

嫌じゃやないよ? 可愛いし

ただね? 何故か入部前から私の事を知ってるような感じがするの

自意識過剰とはいい難い

何しろ私は何処に引越ししても有名人

言動、行動が突出しているからとても目立つ

あとは髪かな? 癖の強い天然パーマ 

後姿だけで制服を着た沢山の生徒の中から私を特定できる

もちろん髪を染めるのもパーマも禁止なのもある

一人だけ、やたら目立つんだよね・・・ 

どんなに大人しくしてても髪が大人しくない

ダレ? 
優香
失礼、映像を間違えましたw いくら突然変異でも髪は緑じゃない でも私のお姉ちゃんは目が緑と紫
外見でイジメいくない


私は長いストレートの黒髪に憧れてるんだけど・・・

この髪ね・・・

そう、あえて言えばこの髪でイジメられる

ユウ2

だけど天文部に入ってきた一年生女子集団は違ったの

天文部に入りたかったんじゃなくて、私に近づきたくて入部してきた


いや、自意識過剰じゃないってば! 

すごい密着してくるの


好かれる事になれてないけど 嫌ではないよ?

でもねぇ・・・ 何で初対面の私に?

そこで幾つか気になる点

このこSちゃんは私のクラス担任S先生の妹?

珍しい苗字だし・・・ だから入学前から私を知ってるの?

次はSちゃんとその取り巻きの女子

この子たちは写真部に入ってから天文部に入ったって事

私と写真部部長は友達でついでに同じ放送部の部員でもある

写真部部長が私の事をSちゃんに教えた?

とにかくSちゃんはやたらと私にアタックかけてくる

そして私の髪を『いいな~いいな~』言うのです

好かれる様な事を一切していないのに

好意を持たれるのもチョット怖い


嫌われる事をしなくても嫌われる原因の私の髪が好き?

一目ボレだって何処かで出会わないといけないよね?

どこで遭ったのかな?

本当に悩みに悩んで昔、引っ越して別れた人の中に答えを探そうとした

だけど年齢が4歳違う 顔も違う

ん~ あと思い当たるフシは・・・

アレかな?

私が高校受験の時、K駅の階段手前で

小学生の【男の子】の頭上を飛び越えた記憶がある


夜空
うん・・・ たしか男の子だった 小さかったし

あの時は二段ジャンプしたからK駅の階段真下から最上段まで二歩で跳んだ

垂直方向は約5mくらいかな?

すごく感動?してたような気はする

優香は混乱している 

どうやら人に好かれる事に慣れていないようだ


いや・・・ 私の顔で一目ぼれは無い・・・ 気がする 

何という打たれ弱さ 

毒よりも刃物よりも愛が怖いだなんてね・・・

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 H 昼休みのトモダチ 9 | HOME | 鬼神誕生 H 昼休みのトモダチ 8>>

この記事のコメント

一度好かれてその後だんだん嫌われていくよりは
最初から嫌われてたほうが気楽だったりしますよね


最近ゆーかさんのブログ読みやすくなったような
能力を制御?
2011-09-11 Sun 17:03 | URL | ダメ子 [ 編集]
読みにくくなってないか心配してました

じつは最近とても具合が悪く詳しく
書きたくても文章に纏められなかったのです

詳しく説明しようとすると返って読みにくくなると思っていました
最低限ここまでは・・・とか注釈を入れるべきか?など色々悩んでいるのです

そうですか これくらいの方が読みやすいのですね

書き方を考えてみます

PS:一気に8話ほど書いて1日1話UPというスタイルにしています 
その間調子が悪くなって書けなくてもよい様に つでに何度も推敲します

説明過多なんですねやはり 
能力は制限すると話に整合性が無くなるので制限できないジレンマ

だってご都合主義になってしまうので 

観えないはず、知らないはずの事を当然の様に知って行動してるのですから・・・

一般人ぽく振舞うと 

なんと偶然○○があってその時たまたま○○があった私ってラッキー!

そんな幸運が毎日あったら異常です
2011-09-11 Sun 18:18 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |