FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 受験戦争のピアニスト 2

友達の家に遊びに行くの! 

ケーキが目当て?


いえ・・・ そ、そんな事は・・・

また食べる事に頭が回ってる!

そりゃ欠食児童ですけど一見して餓死寸前なんて思われない

体脂肪が数%な時点でヤバイのですが

そんな事はパンピーには判らない

とりあえずケーキを食べて落ち着こう!

そしてしかる後友達ホイホイ作戦を決行しよう!

こいし1
注:イメージ映像です

大丈夫、大丈夫! 中学生の狼藉なんてたいした事ない^^;

しかも私、ちっこいから小学生に見えるし

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
う~ん デリィシャスw

I君の趣味は鉄道模型のコレクションでした

一両一両がお高いので お金持ちの趣味ですねぇ

私は玩具は自分で作るので安い物です

弟にも作ってあげますよ? 紙で作ったガンダムw

指が動いて合体までする力作です^^

こんど銀河鉄道でも作ってみようかな!

相手と同じ物を買って持つ事が友達の証なんかじゃない

同じゲームを持ってないとダメとか、同じ漫画を好きじゃ無いとダメとか

同じドラマを見なきゃダメって窮屈だね

もちろん好きなモノが同じだったら話やすい

変に誤解されなくていい

長い説明なんか興味ない人は聞かないし

5人で遊びにいったけど、やっぱり鉄道模型に興味がある子は居なかった^^;

I君は同じ趣味で友達が出来そうに無いのが凄く残念そう

大丈夫w 大丈夫w 

これを機会に皆のお家訪問をしない?


え? お菓子を各家庭でもらう気じゃないかって?

ハハ、そんなバカな・・・

初めての街じゃない? 

いろいろ街を歩くとき、友達の家がどこにあるか知ってるだけで不安も減るよ!

家が近所の子の所から回って

皆で歩いて街を案内しました

床屋さん、クリーニング屋さん、お風呂屋さん、駄菓子屋さんも案内しちゃうよ

途中によく皆で遊ぶ公園に立ち寄りました

ゴールはI君の家から一番近い大きなスーパー

両親は居ても、お父さんは海の上ですから・・・

お母さんのお手伝いが出来るようにね♡
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
帰りはA君の家に行こう! 中学校の目の前に11階建てのマンションがある

見晴らしがいいよ~?

ただA君の家は3階なんだけどね!

防音の効いたA君の部屋にはピアノがあります

A君はいわゆる天才・秀才って言われるタイプ

普通にテストで高得点を採るの

でもね・・・ A君には不安があるんだ

お父さんも二人のお兄さんも京大なんだって

A君は自分では無理だって思ってる

中学の授業ぐらいならトップを維持できる

でもその先は無理だって、皆より先に塾で勉強してるから実感があるんだね・・・


A君はピアノ、声楽が得意

私の【鈴虫の囁き】は200ホン以上の騒音 科学博物館でA君の前でやってみせた

至近距離でアレを聞いて平気な人は稀です 普段から大音量の音に慣れていないといけない

それだけでなく・・・

あの特殊発声法に対しその場で『自分もやってみる』って言って声を出した

なんと3回計測して最後は120ホンまで出した

これは凄い事だよ! 

歌の練習をすればプロ級の歌唱力を

身に着ける土台があるんだから


ピアノまで買ってあるのに音楽の道に進んじゃダメなのかな?

私の親も見栄で勉強をさせる人

だからA君の親とは仲良しなんだよね・・・ 表面上はね・・・

実際は私とA君でどっちが優秀か競ってるんだ


私達には学校の


成績なんかどうでもいいのに!



そう、本来はA君も私も芸術系 感性の赴くまま直感で生きる方が上手い


正直、学校の勉強は苦手な部類


まぁ・・・ トップとって苦手とか言われると嫌味になるので口に出しては言わない

所詮、中学校内のトップだし


それよりA君ピアノを聴かせてよ!


私の指も咽も、もう音楽には適さなくなってる 

それは、きっと一番得意になれた可能性の一つだった

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 受験戦争のピアニスト 3 | HOME | 鬼神誕生 受験戦争のピアニスト 1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |