FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 迷子と迷子の子猫

にゅ~ にゅ~

 にゅ~ にゅ~



雨の降った後はホコリの匂いがする

お布団を干した後の お日様の匂いと一緒

5階のベランダから外を眺めるけど、都会は他に高い建物があって遠くまで見えない

音も匂いもY県に居た時より多すぎて、もう何か1つの物をはっきり捕らえる事は無くなりました

それでも私は水溜りに空が映っているから見に行こうと思った

都会の舗装された道路では水溜りさえ貴重な宝石に思えるの

見上げるのではなく、見下ろすと空が見える

上昇するためには下降しなければならない

ap11miss.jpg

水たまりに映る空を見たくて 5階から降りるだけですよ

何歳の頃って? 中学生^^; 10歳くらいに見える
優香3

青い空が落ちてるよ 空の落し物が水溜り

目の見えない女の子が『ウサギさんには羽があるよ』って言ったら笑われたお話を読んだの

青いクレヨンで描かれたウサギさんの絵を見たの

青い色は涙の色 空の青を映したんだよ

どんな色を使っても自分には分からないのに 青って何? 空の色? 涙の色?

きっとお母さんに聞いたんだね

ウサギさんに触ると大きな耳があるよね 背中に羽があると思ったんだよね

ふわふわ柔らかいもん 

Lop1209c.jpg

一羽二羽って数えるよ? 背中にも羽があるよ? くちばしみたいに前歯があるよ?

何が違うの?

涙色のうさぎを見て悲しくなる

なぜイジメが無くならないのか


女の子は嘘つきじゃないよ? そう感じたんだから
パチュリー
(写真記憶ならパチェぽい人格?見てもいない恐竜や妖怪に独自の解釈をするが?)


百聞は一見に如かず、千聞は一見に等しく、万聞は一見に勝る


失明しなきゃ盲目の人の気持ちは判らない物なの?

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

経験してからじゃ遅い物は沢山あるよ?

一回しか出来ない事を失敗してから学んでどうするの?

B★RS0

ああ、早く空を見ないと心が乾いてしまう

私は常に視力を鍛えている 見る事と記憶する事は同義だから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【博士の愛した数式】で、博士は誰よりも早く一番星を見つける描写がある

その意味が判らない人が多いだろう

写真記憶とは誰よりも白黒、明暗のコントラスト調節が達者な者が身に付けるスキル

私の目は博士よりも良い 昼間でも星が見えるのだから

視力の発達は知力に直に影響する 

ガリ勉させて目を悪くさせたのに
外で遊んでばかりいた子に、後から勉強を追い抜かれる理由が判らない?

視力で負けたから!!!

『百聞は一見に如かず』の真の意味を人類はまだ知らない
あの日見た
見えないという事は三次元空間を認識する事が困難という事 二次元世界の様な感覚
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

階段を降りると土砂降りの雨が嘘みたいな青空

水たまりに映る空はやっぱり素敵

5階のベランダから外を見たとき、私は南に行こうって決めてた

太陽の方角だから虹は見えないのに、南から【誰か】を呼ぶ声がしたような気がしたんだ
あの花

空色の水たまりを見ながら南へ少し足を進めると どんどん不安が強くなるの

歩き出して5分もしないで、私は空を見なくなる 空間を走る音を観る

誰かが君を呼んでいる

雨は音を吸収するから私の超感覚も働かない 晴れたから感じるようになった

すぐ声の正体に気づいたよ

菊の花が植えられた畑の中にダンボールが置いてある

子猫が鳴いてる!!!

小さなダンボールはちゃんと閉まってなかった だから私に声が届いた

直線距離で300m?

箱を覗くと・・・


子猫が溺れ死んでいた


何を言ってるか判らないと思う 

朝からずうっと土砂降りの雨だった それが3時ぐらいに止んだ

ダンボールは防水能力が高く、中には猫用粉ミルクの缶

蓋が開いている 猫が餓死しない為の配慮?

雨水で粉ミルクが溶ける事を想定されていた

つまり雨の中、今日捨てられた!


雨水が溜まって 4匹の子猫は溶けた粉ミルクで溺れて死んでる


ただ一匹だけ


兄弟の死体の上で


辛うじてミルクから顔を出している



タベモノで溺れて殺されているなんて!!!


すぐ最後の子猫を取り上げた 体はミルクまみれ 

他の子猫が居たから、この子は溺れないで済んだ

一匹だったら死んでいた

私に雨の中でも聴こえる聴力があれば

皆、助けられたかもしれない


太陽に負けたくなかった 日光に焼かれる人を見たから

雨に負けたくなかった 溺れる者を見たから

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ


強くなければ 賢くなければ 優しくはなれないと知っている だからずっと努力してるのに

私の周りで、いつの間にか死んでいる

オカアサンは動物も子供も大嫌いだけど 

お願いしよう、この子を私は助けたい

1歳になる前から、自分で粉ミルクを溶かして飲んでいた 

私が小さいのは当たり前 

夜鳴きもしない食事は自分で取る 

そんな赤子でもまだ養育できない親なら、人である資格すら無い


私はこの子猫と同じだった

違いは生まれて直ぐ喋れた事 歩けた事 本が読めた事

自分で食事を作れた事


普通の子なら絶命する運命を何度もくぐり抜けた 

だからこの子猫だけは死なせない

オカアサンに何度もお願いするの 子猫のご飯は猫ミルクが沢山あった 

この子の目が開いて

自分でご飯を食べれる様になるまででいいから!!!


あの花見てみたい

沢山喧嘩したけど何とか子猫と一緒にいる すぐ捨ててこいって言い出すけど無視する

病気がちな私、注射器は持ってるから針を付けないで猫ミルクを飲ませてみる

上手く出来ない・・・ 微量ずつ出さないと子猫さんは飲めずに鼻から噴出した

ゆっくり 少しずつ・・・ 手が痛くなるけど少しずつ・・・

そうだ・・・ 脱脂綿で注射器の先端を包もう これで染み出す様に出せる

猫さん 君に生きていて欲しいんだ ちゃんと飼ってもらえるお家も捜しておくから

子猫さんと僅かな日々を過ごしました 

一緒にお風呂に入ったり 頭の上に乗せてみたり

お腹の上に子猫さんを乗せて寝転んで本を読みました

立っていると子猫さんは寂しいのか、私の足の指をチューチュー吸うの

私は自分がミルクを出せたらいいのにって思う
あの花見たことない

早くこの子に安心して生きていける場所を見つけないと

だから私は名前をつけない 

この子の家族にはなれないのだから





きっと君に名前をつけるとしたら 

君は空の落し物

天の川はミルキーウェイ

【君の名はソラ】 Fin

111204_161129.jpg
毛糸のお人形さん出来たよ 犬とお姉ちゃん 猫と私 昔、ピレネー犬さんの背中に乗せてもたっらんだ

後ろの宝石は5歳の時に解読出来なかった宝探し絵本
111204_161810.jpg
5歳でこんなのが良いな~って思う子なので、周囲とは馬が合いませんでした

12/4よく晴れて体調が良かったので え?ブログは年明けまで休みじゃ? 
光の螺旋
いまどきの携帯散歩 光魔メイルシュトロームを激写せよ
ゴローちゃん はたて

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 11人いる! | HOME | 人を【幸福】にする、幸せな絵本が描きたかった『ねこ』>>

この記事のコメント

私は歴史から何が学べたんだろう?

ねこちゃん一つ救うにも、飼えるだけの
力が必要ですね…
力をつけるのは大変です

にしても、絵本の内容むずい
2011-12-05 Mon 17:10 | URL | ダメ子 [ 編集]
読んだ事ありました?

今ではけっこうレア本だと思います

これは日本人には解けない様に出来ているのです

正確には作者か、その周辺に住む人のみです

今ならパソコンがあるのでアルファベットを抜き出し
その数から文章を割り出すとか出来たでしょう

アナグラムを見つける手段ですね

聖書がヒントなのはすぐ判りましたが
どの聖書?何種類もありますから人力で探すのは不可能です

何しろ作者の持つ聖書と同じでないと解けないのですから

地球の何処かに在るのですから、座標も作者の地図と同じでないといけません

そこに誤情報があれば、アナグラムの解読は困難でしょう 同じ地名・地点はけっこうある筈です

解読のキーアイテムが手に入らないので数分で諦めてしまいました
2011-12-05 Mon 19:17 | URL | 斑のゆーか [ 編集]
うさぎカワユシです^^
でも昔小さい頃、本気で水溜りの月をすくおうともがいた頃があったと家族は言ってましたよ^^;;
2011-12-11 Sun 21:17 | URL | solaris [ 編集]
自分に何が出来るか小さな頃は全部、冒険ですからね^^

私は自分の手足が自由に動かせる前、自分の周りに居る人間や物も含めて【自分の意思で】動かせないか頑張ってみました

見えざる腕【Invisible Arm】を習得したのは8~9歳でも脳内の回路は既にこの時作り始めていたのでしょう

もし今住んでいる所から引越し出来たら絶対ペットOKな所に住みたい!

どんな子がいいか悩んでいます
2011-12-12 Mon 02:31 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |