FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 【時間旅行】 Ⅴ

記憶がどんどん削れていって、昔の事が思い出せなくなっている

以前、アダムとイブについて推理を披露していましたが

私達は全員が別々の意見を持っているの

【異説アダムとイブは同一人物】


昔、私の身に起こった事も含めて書いていきます
 
私は10歳の時、東京の毒の空気を吸って血を吐き、病院で暮らす様になりました

私にとって呼吸することが何よりの苦痛になってしまったのです

肺からの痛みに耐え兼ねて、ベットの中で自分で胸を締め付けその苦しさに耐えようとしました

医師にとって、原因不明の苦痛を訴える私は
10歳の子供でなければ、厄介で追い出したい存在でしょう

魔女狩りや宗教裁判の拷問に比べられては大した事ではでは無いでしょうが・・・

親により両足 事故により両目 
強い化学物質過敏(タバコ・排気ガス・化粧品)により呼吸器官

拷問よりはマシといった苦痛です それが何年も続くのです

そして、私は苦痛に苛まれ、自ら肋骨を折っても その事を告げませんでした

医師は私の肋骨が折れている事を知らないのです

それは私の病気を医師は幻肢痛? ミュンヒハウゼン症候群? などと思っていたから

さみだれ

肋骨が折れてしまっても、肺に刺さらないよう注意し、繋がるまで耐え切ればいい

大量のアドレナリンの生成は苦痛を私から取り上げる

B★RS12

病院で暮らしていれば【自分の身は】安全 母親に虐待される事は無い

病院を出たく無いならば、苦痛を訴え続ければ良いのです

私は弟を守らなければいけない 

かつて血の繋がっていない【近所に住んでいたいただけ】のアルビノの少女が私を守った様に

それが出来るのは私だけなのだから 誰も見ず知らずの子供を守ろう等とはしないのだから
2児放置死、母親に懲役30年

さぁ もう食べ物の味はよく判らなくなったけど 痛みも我慢できるようになった

ヤブ医者は信用出来ない 怪我も病気も自分で治せばいいのだ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自らの肋骨を折らざるを得なかった

私は転んでも唯では起きない子なのです その時、閃く物があった

アダムとイブ イブはなぜ肋骨から生まれたのか?

ギリシャ哲学を初めに読んだ時、男色は普通に行われている文化であると知りました

そのため、アダムの肋骨を男性器の象徴とする隠語を使って隠す必要性が無い

性に対して大らかな古代世界とキリスト教が蔓延した世界とで
隠しておかなければならない事があったのでは?

すまほ
↑私が幼少期に男色について抱いていたイメージ 
ギリシャ彫刻の男性の様に、体格の良い男性どうしが愛し合っていると思っていた

しかし10歳で肋骨を折り、くびれたウエストを手に入れてしまった私は・・・

男性でもコルセットで締め付ければ

くびれたウエストを手に入れられるのではないか?


中世の女性の絵を見ていた私は、彼女たちのウエストが極端に細い事は知っていました

私はコルセットで締め付ければ、どこまでウエストが細くなるのか調べてみた

世界一ウエストが細い女性
the-world-smallest-waist-cathie-jung01.jpg  
男色の風習について【美少年】と書いてあった事を思い出します 

どんなに美しくても少年 女性と間違える事は無い スタイルは男性のままなのだから

が・・・

tumblr_lkjk0jTU0R1qixyqzo1_500.jpg

限界まで細くすればどうなのだ?

まりあほりっく

初めてアダムとイブの話を読んでから、ずっと疑問に思っていた肋骨の謎

女装という物を甘く見ていました 

古代社会に外科手術は無いと思っていたのです

つまりアダムの肋骨からイブを作ったという意味は

アダムの肋骨が折れるまでウエストを締め付けた人体改造!

イブとは美少年アダムの源氏名


母なる神よ。
あなたがいちばんはじめに名前を呼んだ被造物が存在しています。
神々の・・・・・・をそのうえに結びつけてください。
深海のかなたにある粘土の心をこねてください。
善良で気高いつくり手が粘土を厚くするでしょう。
あなたは手足をつくりだしてください。
ニンフルサグはエンキにたずねる。
兄弟よ、どこが痛いのですか。
肋骨が痛むよ。
ではあなたのために女神ニンティを産みましょう。


こうして私は一つの謎を見つけた後 その謎への興味を薄れさせ記憶を失っていった

桜17
↑愛があれば何をしてもいいと思っている 
拷問同然の生活を送った末、既に幼少期とは別人と言っていい程、変容している

また昔の事を思い出す事があれば・・・ 何か話す事もあると思います

前世の事を思い出した人々の中に、非常に聡明なサヴァン症候群の人々が居ます

それは知識と推理によって、新説を述べているのでしょう

私は、ある目的を持って嘘をついてる それは言葉による手品

自分にも世界にも魔法をかける 叡智という名の嘘 


テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

【時間旅行】 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 ハクビシン 【ノノノL】 | HOME | 鬼神誕生 暗い海に深く BLACK LAGOON>>

この記事のコメント

コルセット使用の写真が…こわい…
アダムの源氏名がイブ…考えたこともなかったです
2012-03-20 Tue 07:07 | URL | ダメ子 [ 編集]
写真は乗せるとNGかなー?と思ったけど私、黒板で絵描けないし^^;

ここまで細くはないですがアニメキャラってウエストが異常に細いです

ワンピースとか・・・

私はここまでひどく無いですし、写真の彼らの肋骨は折れている様に見えません

傾斜がなだらかでないので不自然

私は自分の肋骨が折れるまでクローン技術も無い世界で、どうやってそんな発送をしたのか?

その理由を思いつく事が出来ませんでした

事実は小説よりも奇なり 

変わった体験をすると、他の変わった事柄も推測出来ます

私は本の虫ではなく 観察・体験・行動によって多くの発送を得て行きました
2012-03-20 Tue 12:26 | URL | 斑のゆーか [ 編集]
お久しぶりです~^^
時間旅行できたら・・いいですね^^;;
2012-03-24 Sat 20:34 | URL | Solaris [ 編集]
私なら想像の翼で飛んでいけるのです^^ノ

  /  // / /  ノ /  l  、  <  へ ヽ    `、:: :: :/   \
  /  / / /  /   /  |  lヘ \   \  \ヽ \  ヘ_」\ヾ
/イ/ /  /  /   /  /|  l| \_ ヽ_,,.ニ二_  \  〈  k-、_\
  ///   /   l   l  l { |  l   `\_\へ、`ト、ヾヘ   ヽ∧:. . /⌒ー
 / / / / l  |   | j|zナ´ l  l       `ヾ  `ー=ゝく     ヘ'´:. :.: :...
  / l   |  |  |  /|/| l   l l            \l    ヽハー- _
  / /l  |  ly'"ヽ l!/l | lリ   ゝ       ,===ュ_ 弋  、 ヾ∧:. :.:
 // l  / l l   ∨l′リ   _,       ´"⌒`ヽゝ |ミl      ヽ:.
l´`ヽ l /l | l、l   l {    /≠''`   ′    〃〃  |ス| 丶     ヽ     ブイッ!!
{   ヽl/ リ|l ∧   l ヘ イィ"     , ー ´ ヽ       レ|ズ}       \
∧   ヽ  リ l゙ 'l   lハゝ 〃    ゝ  _ ノ       /l:. l ∧        \
  \  ヽ   l゙l l   |リ 心         ‐         /l:. l:. l }
    \   \ ゙、 l   {く ヘ、            /l| l:. :. l:. l |
    \   \_,l   l、_二_ ゙ミ_ュ、、_       / | ハ.: ハ:. ヽ l
     _,ゝ       \: : `ヽ、=二`≧=ー‐<  |.: |l:.:. l:. l! l l  l
   /´ 、 、        \ヽ: : ヽミ、ミ ー   `゙'┴ 、l:. l   } l  l
   '、  `ヾ‐--、 _,,Lン  {: 丶: : : : \   ミ  ー   ``ヽ、 } l|    l
   {\   r=' ̄´      {: : ヽ: : : : : \    、  ヽ   \l|    l
   ゝ._`''''''ゝ、__   _,..  l: : : 丶: : : : : :\   ヽ      \\     l
     ` ‐弋 ̄´ `T´   /: : : : : ヽ: : : : : l: ヽ、  ヾ     \ \
         |`: ー<_  /: : : : : : : i: : : : : l: : : \          \ヽ
         |: : : \: :`Y′: : : : : : : : : : : :/: : : : : ヽ \      \  }
2012-03-24 Sat 20:50 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |