ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パラケルススの生命の水 アクアウェイタ

昔、推理にアタリをつけて図書館で調べたけれど、見つからなかった物があります

今、自分のことを文章に纏める事が出来ないので(難解過ぎて他人が理解出来無い)

ホムンクルスの続きを書きます


私はアルコールが苦手です アルコール分解能力が著しく低いため 

お酒に対して、飲みたい・知りたいといった動機が少なかった

それでもいくつか知りたくなる事もある 人類の文化にアルコールは欠かせない物ですから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は人間の思考にはいくつか系統が在ると思っている

賢者には賢者の愚者には愚者の思考法があるはずだ

パラケルススは医者で錬金術師 彼にはホムンクルスを造る動機が在った

【ホムンクルス】をフラスコから怪音が出る現象

【ヘルムホルツ共鳴】の事を指していると推理した時

私には、思う事が1つ出来た

好んでゴミを造る人間など居ない

ホムンクルスの原料とされる物は血と精液・・・

これはワインと【何か】を暗喩して居るはずだ

何故ならば!




パラケルススの身になって考えてみようよ

1515年に【イタリア】のフェラーラ大学医学部を卒業した後、医療を施しつつ旅を重ね
当時の医学界で支配的な地位を占めていたガレノスを批判するようになり
そして「古代ローマの高名な医者・ケルススを凌ぐ」という意味を込めてパラケルススを自称するようになる

hohenheim01.jpg

1525年にバーゼル大学の医学部教授に就任したが、その翌年には大学から追放され
以後放浪の身となる。尚、追放の理由は「教室でガレノスの医学書を燃やしたことが反感を招いた」
「キリスト教を批判した」と諸説あり、現在も明らかになっていない。

普通に考えて医師が必要とする薬品にアルコールが在る

ホムンクルスの製造とされる過程は【何かの】蒸留と考えられた

もちろん、最有力候補は【アルコール】だ

何からアルコールを作れば【錬金術師】にとって得になる?


子供の頃、私はお酒の歴史からそれを探そうとしたけれど
知りたかった正確な年代記述が無かったため、見送った事がありました

当時、もちろんアルコールは存在する

庶民では手に入らない高額なワインをさらに蒸留して造る高価な品だ

錬金術師としては安い物から

アルコールを作れれば、差額が大きな儲けになる

パラケルススにはアルコールの精製の動機が在る


私が知りたかった事は簡単だ・・・

15世紀初頭にワインを蒸留して造る酒が

何処の国の誰によって発明されたか?


子供頃、欲しかったキーワードを入力する・・・ 【ワインを蒸留した酒 15世紀】

すると答えが返って来る かつて全知を持つと言われたホムンクルスの代わりを
インターネットが果たしてくれる
ホムホム

酒の名はグラッパ15世紀イタリアで作られた誰が発明したか不明のブドウの搾りカスから精製された酒だ! 

パラケルススは【イタリア】のフェーラーラ大学出身 
ならば、スイスのバーゼル大学をクビになれば何処に身を寄せると思う?

当然、母校フェーラーラ大学に決まっている!

グラッパの歴史はこうだ当時、アルコールは生命の水“acqua della vita”
(アクア・デッラ・ヴィータ)と呼ばれるほど高額だった ウイスキーの語源ともなった生命の水だが
初めてのウイスキーの蒸留は1484年となっている・・・

当然、廉価版であるグラッパの発明は、その後に行われる

しかし何故、ウイスキーには詳細な記録があり

グラッパには無いのか?

私には心当たりがある 

それが、もしも錬金術の工程で作らた物ならば

安く造って高く売りたい! 

何よりも失った名誉と金が欲しいはずだ!


ヴァン~1
そうだろう? 錬金術師!

これは私の想像、妄想だ・・・ が、否定できる材料が何も無い ありえる可能性の1つ

ブドウ粕からグラッパを造る そしてグラッパから医療用アルコール【アクアウェイタ】を造る

そうすれば高額のワインから作ったアルコールと比べ、差額が設けに繋がる

場所、時代、技術、動機、そして発明を隠しておきたい理由が錬金術師には在る

その錬金術師がパラケルススである事は証明出来ないが

最有力候補である事は間違いない

何故ならば! 

出処不明のアルコールを売る事が可能なのは

元大学教授のパラケルススしか無いからだ!


おそらくブドウ粕を発酵させる過程で怪音【ホムンクルス現象】が現れた

それは何度も実験を繰り返した必然の産物 誰が好き好んでゴミから汚物を造って喜ぶか?

この推理の裏付けをするために、私は酒の歴史が知りたかった

パラケルススは何を求めていたのか・・・

大学教授としての名誉、地位、収入

それらを失い何を欲したのか?

この世の真理? 笑わせる

自分を世界最高の医師と名乗る男が

求める物が在るとすれば【金】だ!


グラッパダジアーゴ社 グラッパ グランモンド 189,000円

追伸 グラッパを入れる瓶だが なぜかフラスコの形をしたものが在る

その事を、この酒が錬金術師が発明した酒である【証明】とするのは横暴だろうか?



そうそう 葡萄酒の澱を沈殿させる手段に古代では鉛を使っていた 
もちろん今では中毒になるため使われないが・・・
パラケルススは鉛の研究をしている

鉛、ブドウ粕、水 これにいくつか混ぜた物でアルコールの精製を行った
【精液】と暗喩された物は【鉛】ではなかろうか?

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

【壊れた常識】 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<勝手に東方世界を考察してみた 壱拾四 | HOME | 鬼神誕生 【壊れた常識】 M>>

この記事のコメント

お酒もフラスコで蒸留して作れますですし
勝手に発酵してボコボコ行く様子も
何かが誕生する瞬間にも見えるかも?

今でもアルコールは製造には規制がある
禁断の物ですもんね
2012-05-10 Thu 17:31 | URL | ダメ子 [ 編集]
いきなり大量生産をすることは出来ないので、先ず実験をしたんだと思います

この推理はパラケルススの家計簿まで調べがついて初めて100%の正解が判る物ですね

その辺は、そういった事が調べられる人に任せます
2012-05-10 Thu 19:03 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

昔、推理にアタリをつけて図書館で調べたけれど、見つからなかった物があります今、自分のことを文章に纏める事が出来ないので(難解過ぎて他人が理解出来無い)ホムンクルス …
2012-05-10 Thu 21:44 まとめwoネタ速neo
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。