FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鬼神誕生  【ネーデルランドの諺】 粥をひっくり返せば二度と元へは戻らない

人生において自らの存在を賭けて、全力で推理・考察した事はあるでしょうか?

私は1歳の時、自らの身の潔白を証明するためにそれを行った

まだ赤子の私が弟殺し《未遂》の嫌疑をかけられる等とは思いもよらなかったけれど

私の推理・発想力は生きるために身に着けた物 

考える力が無ければ死んでいる家庭に生まれた

だから私が謎を解く事に執着するのは食事をする事と一緒なの

私は考える どうすれば体の小さい1歳の乳児が犯行を行えるか?

推理小説という物も、映画も漫画もまだ見たことは無かった時期でした

物理も数学も知らない 

しかし辞書を【解読】した結果、言語に対する高度な理解力を手に入れていたの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《秋の日はつるべ落とし》

《つるべ》って何だ? 井戸の水を汲む道具? 滑車? 滑車は少ない力で物を持ち上げる機構?

そう・・・ 私は辞書を《あいうえお》順に憶えたんじゃない

単語が一つ増える事に疑問が生じ 発生した疑問を知る為にさらに言葉を探し

さらなる新しい言葉にぶつかり また言葉を探していった 

日本語を【解読】するのに二ヶ月かかった それを速いというのなら

言語習得は学校でならう文法など無視して、言葉の関連の連鎖で記憶するのが効率がいい

少ない力で 大きな仕事をする事は 

私にとって死活問題でした


弟が生まれる前 【自分でミルクを作って飲んでいた】

一言で済ませたけれど それって簡単な事じゃ無いよ? 0歳児にとっては

熱エネルギーという物にも関心がありました それは何故か?

 魔法瓶
近い形の写真が無かった下が大きく膨らんで居る 傾けて起こすのに全力が居る 
ボタン一つで、お湯が出るやつじゃないよ? 乳幼児が使うには危険極まりない

魔法瓶・・・ お湯を保温する道具 とても重い 持ち上がらない

傾ける事さえ大変 両手両足の力を完全に伝えなければいけない

魔法瓶のお湯はとても熱い 火傷する とても哺乳瓶を直接持てない

左足の指でタオルの端を掴む

哺乳瓶をタオルでぐるぐる巻に包む

魔法瓶を抱える様に抱いてから 

タオルのもう一端を右足の指で掴む

太ももと両手でしっかり支えた魔法瓶を

上体で押しながらゆっくり傾ける

魔法瓶の口と哺乳瓶の口がしっかり付くまで傾斜させる

とても重い 難しい 火傷をしないよう お湯を注ぐ

後ろから魔法瓶を抱えているので 

失敗しても熱湯を浴びない

足で直接哺乳瓶を支えていないので 

こぼしても火傷しない

熱湯を注ぎ終えたら 魔法瓶を起こし

タオルで巻かれている哺乳瓶のフタを閉じる

脱脂粉乳が溶けるまでよく振る

熱すぎて飲めないミルクを哺乳瓶を

冷たい所を探して転がす


回転式缶ビール冷却器
m010813c.gif

こんなアイデアグッズを知っていたわけでは無いの 熱を効率よく逃がす為にはどうすればいいか考えたの

液体の表面積が広がれば熱が早く逃げると思ったの

だけど床や絨毯にミルクをこぼしたら飲めないから・・・

哺乳瓶を転がせば、擬似的に哺乳瓶の

表面積が大きくなり 摩擦が少ない状況なら

放置するより早く熱が逃げると考えたの


だけど氷は無いし 床は絨毯 なかなか熱は逃げない

飲んだら口の中は火傷するけど 自らの皮膚なら瞬間的には火傷しない

そうだ! 自分の身体の表面を転がそう!

汗もいっぱい出るから 気化熱で早く冷めるよね?


hc288.png
あつ、あつ あちあち 身体をコロコロ転がすよ? ミルクなかなか冷めないね?

お腹も背中も 手にも足にも熱い哺乳瓶をコロコロ転がすの 身体のあらゆる皮膚を使う

ちびくろさんぼ ちび BRSぷち
↑ちびくろちゃん 黒人差別・アメリカ・インディアンに興味を持ったきっかけ

アツイアツイ 火傷しそうだけど 早く冷めないと飲めないね

熱くないと粉ミルクは溶けないし困ったね

どうして【水差し】ぐらい置いてくれないんだろう?

水で割ればずっと早く飲めるのに・・・

私、トラさんみたいにバターになっちゃうよ?

じつに単純な事でしかないのです 私はただ・・・ お腹が空いていただけなの

そしていつの間にか 誰よりも鋭敏な皮膚感覚を身に着けた

私は熱と音を観る事が出来る超脳力者に育ったの

ユウ1

もし・・・ もしよろしければ・・・ お連れしましょうか? 

あなた達・・・ 人類の 夢が叶った世界に!!!

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<鬼神誕生  【ネーデルランドの諺】 悪貨は良貨を駆逐する | HOME | 鬼神誕生  【ネーデルランドの諺】 大魚は小魚を食らう>>

この記事のコメント

>自らの存在を賭けて、全力で推理・考察した事
私はないな…
そういうプレッシャーがかかる場面になると
さっぱりダメです
生き残ろうという力が弱いのかなあ…
2012-06-14 Thu 17:36 | URL | ダメ子 [ 編集]
名探偵ものは自分が罪人として訴えられて、それを自己弁護するといった物は少ないですね

実際、名探偵が行く先々で殺人が起こっているのですから一番怪しい人物のはずなのですがね

戦争経験者のお爺さんと10歳の時仲良く?なったのはきっと 
【生きるか死ぬか】の中で力を発揮してきたかどうかからかもしれません

安全な社会ではまず無い日常
家庭という外から隔絶された世界に平穏と無縁の生を送った子がいた
たまたまその才能がギリギリ生存を可能にした

ポットのお湯は毎日入れてもらえました 
これが数日に1回とか そもそも無ければ死亡していたでしょう

天上天下唯我独尊という言葉を知った時 (生後半年)

その言葉を言った人物が王子であるという事も知りました

辞書には【この世で最も尊い人間は私】と書いてあり
不遜な言葉の様に現されていましたが、それは違います

王家の嫡男として生まれた【この世で最も幸せな家庭に生まれて私は幸せだ】
=『産んでくれてありがとう』って赤ん坊が第一声に言ったから感動した人々が後世まで言葉を残したんです

だから大人たちがこの言葉を嫌う理由が判りませんでした 文章読解力が無いんじゃないかと

私はこの唯我独尊をもじって皮肉の言葉でも浴びせてやろうかと思ったのですが
多分理解出来無いので止めました
2012-06-14 Thu 20:01 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

人生において自らの存在を賭けて、全力で推理・考察した事はあるでしょうか?私は1歳の時、自らの身の潔白を証明するためにそれを行ったまだ赤子の私が弟殺し《未遂》の嫌 …
2012-06-13 Wed 15:00 まとめwoネタ速neo
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。