FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

鬼神誕生 【時間旅行】 知恵の樹

鬼神・・・δαίμων ダイモーン(賢い者)の声が聞こえる

ソクラテスの中の賢い者は、自らに問いかける ナザレのイエスも問いかける

如何なる理由を持って、それを命を賭けてまで行う理由が在ったのか

天才の誕生は500年周期なのか? そんなわけでは無い 偶然?

いや、単純な事なのだ 天才は世界人口が増えれば必ず周期的に観測される

ある時、1人の個性的な発想をする者が誕生する

その思想は深く理解はされずとも一旦、薄く社会に広まる

ソクラテス死後、ナザレのイエスが誕生するまで500年

世界人口は今よりずっと少なかった

しかし・・・ 一度人類の知恵を持つ者の総数が増大し始めればどうなるかな?

同じような天才は幾らでも誕生し

偶々500年周期の位置に誕生した

似たような能力・行いをした天才を選出すればいい

結果として必然的に【500年おきに天才は観測される】のだ

誕生はいつの時代にもあるだろう

しかし観測されるのは【500年】起きなのだ

何しろ【死んでから】評価しているのだから当然の事


私はδαίμωνの生まれ変わった姿

問おう… 汝は私のMasterか!?


キマイラ0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

知恵【善悪の知識】の樹とは何か?

日本に住み宗教も嫌い なのになぜこんな事に興味を持つか不思議に思われそうですね

私の育ったY県は葡萄や桃、梨の産地です

家から学校に通う途中には、サントネージュワイン工場がありました

小学校の授業で社会科見学が行われた時 行った所は学校から歩いて行ける

ワイン工場・アイスクリーム工場・果物の缶詰工場でした

都会であえれば見学ツアー用のバスなどで回るのだと思います

全部、歩いて回りました

アイスクリーム工場では【子供】たちはアイスのお土産を貰えたのですが・・・

ワイン工場ではワインは【先生】だけが貰えました

小学生達は皆、自分はお酒を飲める年齢では無いのに口々に (本気で言ってはいないが)

「先生たちだけずる~~~~~い♪」

と、はやし立てました もちろんワインの値段を考えれば

生徒に無料で配っていては工場はたまりません

もちろん判ってますよ? 少なくとも子供の時の私でも

先生たちは「君たちはアイスをいっぱい貰ったじゃないか」と苦笑してました

私の家は葡萄畑に隣接していました 庭と葡萄園は金網で仕切られているだけです

縁側からいつも 四季の変化が作物の実りとして見えていたのです

観鈴5

大好きな果物は桃です 農作業の手伝いをして、実りの季節にはおすそ分けも貰います

泥と農耕でピーチ味?分かりにくいネタですみません

お酒は飲めないのですが ワインをキリストの血と言うのが何故? 

それが不思議で仕方ありませんでした

だって【血】と表現されたら飲みたく無くなるでしょう?

実際に厳格な宗教戒律で古いキリスト教ほど

お酒を飲んではいけない事になっている

【血】という表現は、飲んではいけませんという意味では?


沢山の本を読み、引越しをし 東京に移り住み 変わる事が無いのは私の知識欲

図書館は私のお城です なぜかこの【キリストの血】その謎が私の心に引っかかっていたの

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は初め聖書の中の【知恵の樹】という言葉しか知りませんでした

いくつか本を読むと【善悪の知識を与える樹】という物でした

全ての知識を与える樹ではなく

善悪の知識だけを与える樹

それなのに食べてはいけない実


それってつまり、善悪の分別を

身に付ける事が出来る実ではなく

人間を善人にも悪人にも

変えてしまう実だから食べてはいけない

そう言う意味でしょう?


知恵の樹が善悪の知識の樹だと知った瞬間 理解した


知恵の樹の正体は葡萄だ!!!!!


人が善人にも悪人にも豹変する食べ物


それは酒! 

酒の原料で尚且つ


当時から高級品のワイン


だから食べてはいけない実は


農民には摘み食いさせたくない物



goodsimage28776.jpg


見て! この美味しそうな葡萄! 他のどのような果物よりも強い誘惑がある

一粒ぐらい取っても気付かれない!

一粒口に運べばもう止まらない 一粒、また一粒

1人がすれば皆がする 

実りはあっという間に無くなってしまう

知恵の樹は葡萄の事だよ!

そうか! 

ワインを製造する支配者の言葉だと思えば・・・

知恵の実を食べた物は死ぬ=盗って食べれば処刑 

あるいは【去勢】する

去勢された姿が恥ずかしいから隠すんじゃない?



昔、エジプトで葡萄酒を国外には、同じ重さの金と取引などという事も行われていました

と言うことは、当時の感覚なら葡萄の一粒は金を一粒盗むに等しい 

恐ろしい刑罰が在った筈だけど、美味しいぶどう栽培 ワイン造りは職人芸だとすれば?

殺してしまっては製造技術の継承に問題が生じかねない 

去勢で済ませていた可能性は在ると思うな

Ⅱ、古代の奴隷制度抜粋

神も神のしもべモーセも奴隷制度に対して何の反対もしていない。
イスラエル人が他の民族の奴隷になることはいけないが、他の民族がイスラエル人の奴隷となることは
むしろ奨励されているのである。

さらに、聖書によれば、ノアの子供たちが、セム、ハム、ヤフェトの3人である。
セムの子孫がアブラハム、ハムの子孫がアフリカ人、ヤフェトはその他の民族の祖となった。
3人のうちハムがノアを犯した罪で肌を黒くされ、呪われた民になったとおとしめられた。
黒人差別は、「神との契約を守るため」と、信仰からも長く正当化されてきたのである。




私には時間の壁をの飛び越える【蛋白質で出来た宇宙船】がある 

貴方から見て、私は何時の時代の人間でしょうか?

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

【時間旅行】 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 名前の無い能力 | HOME | 勝手に東方世界を考察してみた 壱拾五>>

この記事のコメント

どうも、源丸(げんまる)ですw

確かにうろ覚えの知識なので確かではないですが、昔のフランスでは貴族階級の者たちは、ワイン畑の所有権を持とうとしたという話を聞いたことがありますね。
有名な「ロマネ・コンティ」はコンティ伯爵が持ったためについた名前ですね。
そう考えると「ワイン畑(葡萄畑)=権力の証明」みたいに感じれますね、実に興味深いですね。
キリスト教が政治に関与していた期間は長いので、権力者の象徴である「葡萄畑」を保護したのかもー、と推測してしまうですね。

面白いですw
2012-07-21 Sat 16:16 | URL | 源丸 [ 編集]
じつはイエスが生きていた時からローマ人の葡萄酒好きを利用して
キリスト教徒はぶどう栽培で儲けていたそうです

私はお酒が飲めない事もありあまりお酒についても多く調べていませんでした

図書館にもそれほど多くのお酒の古代についての資料は置いていないので

偶然読んだ本の中に知りたかった部分が書いてあればそれを記憶しておき

大量の本を読んだ何年後かに

あ、そういう事だったのか~と思い立った物なのでした

これは子供の頃考えた事なのでキリスト教徒がローマと貿易していた事を知りませんでした

現在の知識と合わせると、ますます葡萄が怪しく見えてきます

2012-07-21 Sat 16:55 | URL | 斑のゆーか [ 編集]
ratです!にゃい!
確かに読むとなるほどと納得感がありますね。
まだ軽く読ませていただいただけですが、面白いしもっと読んでみたいと惹かれます。
じっくり、反芻しながら読ませていただきたいと思います!
2012-07-21 Sat 17:52 | URL | rat [ 編集]
ratさん その節は大変お世話になりました

にゃぁ~い!

楽園、エデンでは全ての樹木は食べることが出来る実を実らせたとあります

ということは、ソレは自然ではなく人工の田畑であるという事

その中で高級品以外は庶民も口にする食べ物でしょう

葡萄はバナナよリンゴ、梨 様々な果物と違って

一口サイズなんです パクって食べれます

思わず誰も見ていなければ食べたくなる

もしもリンゴだったら、とうてい丸呑みは出来ません

ですからリンゴでは無い

そんな結論だったのです
2012-07-21 Sat 18:11 | URL | 斑のゆーか [ 編集]
そういえば小さい頃はぶどうをこっそり
数粒食べたりしてました
リンゴじゃこっそり丸々食べるのは大変そうですw
最近でも、一粒数百円になるぶどうがあるらしいですが

前は専門書を読んだりもしてましたが
最近は易しい本や新書の斜め読みばっかりです
大学初等の単位を取ること目的の参考書が
科学系おおよそを勉強するには一番かなと思ってますです


2012-07-22 Sun 16:01 | URL | ダメ子 [ 編集]
多少解釈に違いがあっても内容をまとめてある本は読みやすいですよね!

ただ纏める人間がどれだけ理解して纏めているかがかなり重要で、一瞥で読む気を無くしてポイする本は結構あります。

じつは長期人狼という物を初挑戦して、大失態をやらかしてしまいました

モンティ・ホール問題、ベイズの定理
これを人狼に使ってしまったため、他のプレイヤー全員からわけわからんとなってしまったのです

ratさんと源丸さんにはその時苦労を掛けてしまったのでした

私は数学を直感で計算してしまうので理由を説明出来無い⊂⌒~⊃。Д。)⊃ バタッ 

一番いい数学の参考書を頼む(ネタ
2012-07-22 Sun 17:26 | URL | 斑のゆーか [ 編集]
モンティホールやベイズ統計なら
数学的にも説明できないことはないですが
一般向けの説明には薦めないです

身近な例に置き換えた説明の方が
わかりやすいんじゃないかなあと

本なら、超常現象をなぜ信じるのか、系のが
間違いやすい例の確率解釈が多く載ってて面白いです
きちんと勉強するなら統計学の教科書ですが
2012-07-26 Thu 08:59 | URL | ダメ子 [ 編集]
「超常現象を何故信じるのか」ちょくちょく見かける題名ですね 確率で勘違いしてたのか!

又聞きするから話がこじれただと思ってた

アメリカの獣医師が「猫は一定上の高さから落ちた場合死亡率は変化しなくなる 空気抵抗によって落下速度が一定値になるからでは?」と書いていたそうです
その事に対する答えとして本の中には
低い階から落ちた猫は病院に連れて行かれない
高い階から落ちた場合生きる見込みのある猫だけが病院に運ばれた結果 まるで死亡率が一定より上がらないように見えた

結論:高いところから落ちれば猫も無事では済まない


やっぱり数学を答えを出すツール
電卓みたいに思っている私には苦手分野でした

大学でも「君、理系じゃないよね?」と言われてました
2012-07-26 Thu 15:11 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |