ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鬼神誕生 魔法使いの長い夜

コレから書く話は各、能力の説明と大まかな人生の流れかな

書いたのは2012年8月だけど 今見てる人には関係ないから日付を過去にしておくよ

それに壊れた身体は、もう以前持っていた能力を ごく一部しか使えていないんだから


11名の人格には初め名前は無かったよ 何故かって? 

自分には区別がつくし全員一人称は【私】で統一してる

そうじゃないと生活が不便でしょう?

漫画やアニメと違って多重人格が他人が区別がつくように

名乗ったり口調が大幅に変化したら生活が困難になるよ

人格のシステムは前書いたから、そこはリンクを貼るね

11人いる!

要約すれば脳内の活性化している部分と、完全休眠している部分の組み合わせ

これによって神経の損傷部位が4つでも11の人格が出来るってだけの話



0歳 
生まれた時から虐待開始 生後半年で喋れるがそもそも言葉は2週間で理解したため夜泣きやぐずった事がない ミルクも自分で溶かして飲める手間が皆無の乳幼児が何故虐待されたのか?
A:この時、父親が警察に掴まっており母親は育児ストレスがゼロではあっても犯罪者の妻になったストレスを生まれた直後の子供で発散した


1歳 刑務所から父親が出る すぐに弟が生まれる 父親と母親は喧嘩ばかり
0歳の弟は母親に殺されかける しかしその罪を強引に1歳の優香に負わせようとする
通常は不可能だが警察や医師から見ても天才の優香なら可能に思えてしまう
1歳児が罪に問われる事は無い その時のIQテスト170


4歳 離婚調停中どこにも引き取り手が無く 親元ではなく孤児院に入れられる
そこでイジメに会う3歳の女の子を必死に守ろうとする 人類が大嫌いになる


5歳 結局、両親は離婚を取りやめる 単にお金の問題で合意出来なかったから
両親の親は金持ちなため 親子には住むための家が買い与えられる 
職を失っている父や無職の母には出来無い芸当 そして結局離婚しなくても喧嘩ばかり
この時期、育児放棄に近く虐待は一時的に弱まる(無くなりはしない というよりその前は死亡しかねないレベルなので普通はこの時ぐらいを虐待と呼ぶ)
花火による大火傷を負う 免疫の無い幼児がはしかや風邪をひいたくらいで治療費を払えないくせに病気になるな!と怒る親なため 大怪我をしたまま家に帰る事も出来ず街を彷徨う
誰も何時間も助けてくれないなか たった1人、仕事帰りの看護婦さんに助けてもらう
治療をしただけでなく両親に私の面倒をちゃんと見るように説得?説教した
その事により虐待がその家に住んでいた時だけ止む その人を世界一の魔法使いと呼ぶようになる
魔法が好きになるが文化人類学・博物学といった分類に近い 元々古代に興味があったため
生物の進化・人間の進化・文明の発生・錯覚と魔法といった研究内容になる
既に子供のレベルをはるかに超えて居る


6歳 小学校入学 集団登下校の班長の女の子五年生が全身アルビノの子だった とても優しい人だけど日本人に見えないためイジメ+不倫疑惑をかけれた母親は失踪・父親からは虐待をうけていたと知る
外では日光に焼かれ街を歩けば悪ガキに石を投げつけれるお姉ちゃんを頑張って守ろうとする
自分を助けてくれた人も看護婦さんであり受けた治療も火傷のため、火傷だけは何としても治そうと
部分的に医学を習得する 大学生時、自らが可燃性薬品で燃えた両腕をを医師に見せるも治療不能と言われる
その場で怒って帰り麻酔無しで自力で治療(治療法は既に8歳までに思いついていた)
完全に完治させ痕跡も残らない火傷をしたはずの両腕を見せられ医師は愕然とする


7歳 4回目の引越し この後両親は別居し 父母親戚の家庭をたらい回しにされる
半年~2年起きに学校が変わる生活がスタートする 友達が物理的に出来無い出来にくい


8歳 ネズミの死体からトキソプラズマ原虫が体内に入る 脳に寄生する極小の寄生虫は人格を変容させる
多重人格化が一気に進む この時7歳より前とほとんど別人になる
トキソプラズマ
ほとんど獣に近い状態になる 学校でのイジメが増大する(元々あったがもっと酷くなった)


9歳 獣の才能と天才の頭脳で多くの特殊能力を自力開発する 
その能力は野生動物化した人間と言うと分かりやすい
例として【1/100秒の世界】 人間は肉体を動かすさいの時間間隔がスローモーションに鳴ることは稀で
(一流アスリートならあるが) 人間は肉体を動かさない思考が高速になる動物だった
しかし天才の優香の思考が動物型になったため肉体を動かす時間感覚が超スローモーションになる
その事によって運動の天才になる むしろ勉強より遥かに運動が得意になるのだが小学校レベルでは勉強が得意な子にしか見えない(注:誰が見ても大学でも勉強の方が得意な子と思われていた)


10歳 東京に引越し 自分が汚い空気に極端に弱い化学物質過敏と判る(ただし当時の医者は原因不明の謎の病気と判断した、寄生虫が体内に居るなどとは医者は思わないため)1年間の病院生活を送る
肺の痛みに耐えかね入院中、自ら肋骨を折る 折った痛みより呼吸する方が苦痛だった
2つの奇病+自己開発した特殊能力でもはや常人と違いすぎるため治療が困難
不治のまま一年後、病院を退院する


11歳~17歳 通常のよくあるイジメの範囲 教科書にらくがきとかペンケースを捨てられるとか机に彫刻されるとかそんな感じ 家庭内暴力は10歳前の方が酷かったがこの時期は勉強以外にも多くの習い物をさせられる
自由が無い時期 学校の部活という名目で可能な限り家を離れていた
空気の毒に対しては脳内麻薬が大量に出るようになったお陰で苦痛をさほど感じなくなる
この頃までに剥がれた爪は40枚を超える 並の苦痛では弱音を吐かない 
血は吐かず飲み込むうち味覚が変容する 辛いものなど刺激物が好きになる



18歳 文化祭準備期間中 教室から部室(天文部)に戻ると備品のカッターが一本無い事に気づく
生徒会の活動をしていた事もあり問題児の事は教師から予め『何かあったらよろしく頼む』と丸投げされていた
天文部の幽霊部員の中に知恵遅れで女子のスカートを覗く事をしてはイジメ?にあっている男子(別のクラス・面識は殆ど無いが階段でよく下から見上げる気持ち悪い顔を見て知ってはいる) 他の部員や教師がカッターを持ち出す可能性を全て極端に低いと排除 日頃の逆恨みをカッターで晴らそうと無計画に行動したと判断

無計画な知恵遅れが衝動的に反抗に及ぶ場所を脳内シュミレートする能力【broken phantasm】
最も校門に近い非常階段の内 屋上階、一年生教室を排除(知恵遅れは3年のため1年生ではイジメを行いにくく結果として逆恨みも少ないはず・また1年生徒と三年・二年で制服が違うため 4階に上級生が居ると目立つ
注目を浴びながら犯行は行いにくいので もっとも目立たない3年生が居る教室の並びで職員室のある2階を削除
1階は教師や生徒がごった返しているためカッター一本では何も出来無い 消去法で3階で犯行が起こると予測
その内で校門の方向だけを探索 非常階段の前まで来ると黒山の人だかりで円陣を汲み知恵遅れとタイマンをしている陸上部生徒を目撃 ナイフは出していないが100%持っていると決め付け止めに入ろうとするが人ごみが邪魔で制止できない ついに知恵遅れがカッターを取り出し抜き打ちで陸上部生徒の鼻を斬る

蜘蛛の子を散らすように人だかりは無くなり血まみれの生徒とカッターを持った知恵遅れ そして私だけが残る
私が関節技を決めて倒す 以下レスひ不要です

卒業までにまだ2回事件がありました それ以外のどの年齢でも常に何かを推理し
事件が起こらないように戦っていました ですが・・・

結局助けた鼻を斬られた生徒は運転免許を取ってすぐに多くの仲間を乗せて乗用車に11名以上のすし詰め
そして事故を起こし死亡しました どんなに頑張って誰かを助けたとしてもいつも最後に無駄に終わった
その一番最低な死に方をしたのがその男でした もう私は・・・ 誰も助けたりしない・・・


筈なのだけど多重人格の私には現実世界に守らなければいけない弟が居たためその後も
頑張り続けましたましたとさ終わり 人格の弟ではなく本物の弟
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【貴方に今! 一瞬の奇跡を魅せる!】
With the miracle of blink, I charm you now.

自己催眠・他者に対してはハッタリだけの効果ってわけでもないよ

人間の脳の処理限界を超えさせる方法を知ってるから
一時的に視力をゼロに近くする魔法がある

私が言う魔法とは、現代人の常識で知られて居ないだけの科学の事だよ


【内蔵呼吸】肺からの毒の吸収は肺に激痛をもたらすため、空気を飲み込み肺を使用せぜ小腸で呼吸する技術
これにより5分間の呼吸停止も可能 肺を使っていないので、息は吸うだけで吐かない
吸った空気は一定の圧力以上になれば肛門から出る
この呼吸により化学物質過敏による症状を肺から腸へ移す事が可能 ただしダメージは蓄積されている



【寿命3時間の猛獣】内蔵呼吸により小腸に貯めた空気を利用して血中酸素濃度を高める技
赤血球の量に関係せず血液中に大気圧以上の腹圧から酸素を直接溶かしこむ 怪力と高温の体温を得る
40度を超える高熱のため死亡する危険を伴う 故に寿命3時間の猛獣と名付けた



【3本足のチーター】超前傾姿勢によって高速で走る特殊走法 
3本足のチーター
肺も利用していないと出来無い、都会の毒の空気の中で使えなくなった物 痛みを我慢すれば出来るかって?
肺の痛みはその苦痛に耐え切れず自ら肋骨を折った程でした 
身体を鍛える事が出来なくなったため、現在 最早スプリンターの身体ではありません私はもう走れない



【11分割脳】11人格が全て同時に起動して、それぞれ並列に物事を考え処理する能力
思考速度が早いんじゃない(常人よりは遥かに早いけど)
11人の天才が脳内で会議しているから答えを出すのが速いんだ
ただし、その会議の内容は11人分の意見であり到底一度に説明出来無い



【360度視界】生まれつき全身の皮膚・爪が薄い事と自らの腸を使い骨盤を振動
肺を使い肩甲骨を振動させて常人の耳に聞こえない低周波音を出し その反射音を外皮で感じる事によって周囲を観る能力 音(鈴)によって観る=観鈴 アメリカの盲目の黒人さんが舌打ちの音を使って同じ事をしている
私の場合それが低周波音であると言うだけ



【100分の1秒の世界】普段、情報過多状態の私の脳は外部からの感覚を一時的にカットする事に(意識的に集中する)よって脳のリソースを格段に増やし一時的に時間の流れが極端に遅く感じる程の超スピード思考が出来る
11分割脳と同時使用すれば最早化物である
内蔵が化学物質の暴露によって衰えきった結果内蔵呼吸が不完全になり酸素不足のため
この高速脳を使えなくなりました 今でも速いと感じる人も居ますが
昔の私は、もはや一つのスーパーコンピューターでした比べ物にならない



【Infinite Brain Wound】写真記憶による脳内図書館 蔵書量は3万を超えていたが、今や見る影も無く崩壊している 断片的な記憶として何かの拍子に出てくる程度にまで落ちてしまった 
東京の毒の空気をを吸うまでは(10歳で引越し)本を完全に記憶し読み出しが可能だった



【broken phantasm】莫大な記憶の渦から直感的に問題の答えを想像する能力 別に学問に限定しない
また知識の少ないジャンルでは精度は激減する あくまでも詳しい事に対して直感的に素早く回答する
その思考は無意識であり11分割脳や1/100秒の世界のように自覚的では無い
したがって答えを出してから『他人に説明するために』自分でもう一度ソレが正しいか論理思考する必要がある
恐らく普通の人が私の天才性を判断するのはここなのだけど 
私が最も得意な事は運動だった(都会の毒の空気で出来なくなった)



【Invisible Arm】小腸を使って骨盤を振動させ 骨盤をパラボラアンテナにする事によって
見えない低周波音の腕を作り出す技 幻肢の様に腕が一本増えたように感じる
そして自分が調節出来る範囲の低周波音で周囲の物体に変化をもたらす 
中国武術の気功の正体は低周波音 中国武術など知らない7歳の段階で理論を構築し9歳までに身につけた
この低周波音は私にとっては反射してきた音を腕で感じるため 遠く離れた物体に触った感触がある
よって・見えない腕Invisible Arm


【Earnest hound dog】Invisible Armによる骨盤振動を足に伝え 足の関節を一切曲げずに(というより足を棒の様に固くする事で振動を足の裏まで伝えて)移動する技術 平らで硬い学校の廊下のような処でなら氷の上を滑る様に移動できる ただしとても遅い ムーンウォークとは完全に別物の超音波歩行


【Clairvoyance】遠くの音(低周波音のみ)を全身で聞く事によって経験的に何が起こったか判断する能力
初めての音の場合、何が起きたかは予測はするが当たる保証はない 音による遠距離透視能力
聞こえない種類の音では、当然何が起きたかなど判らない あまり役には立ったことが無い
一度だけあるけど~長い話なのでブログ内のリンクもパス


風神の太刀=封刃の絶ち 全て大学の後輩が命名 私のオリジナル武術の技につけられた名前 
雷神の太刀=来刃の絶ち 中国武術に似ている
竜神の太刀=流刃の絶ち


【白鳥座ノ飛翔】自分で命名した武術の必殺技 打撃・関節技を同時に行うだけのえげつない攻撃
もちろん喧嘩で使った事などありません
(´・ω`・)エッ? 弟と組手した時 手加減して使ったでしょうって?
別に怪我させてないし・・・ プライドは傷つけちゃった気がするなんて後で思いついたよ



【Invisible feather】肩甲骨の振動による後方レーダー音で出来た羽を持つ あまり使うと背中から出血する
背後に危険が迫ると予測してから使う意味が無いため 強迫観念によって体力が許す限り使っていた
背中が痛くなる病 幻肢痛と同じ 違いは原因を自分でコントロール出来る事
化学物質過敏による肺の痛みがあるため、仮病とも言い切れないのですが・・・




【The devil bullet to the past】Invisible Armの最大出力で生物の頚椎を攻撃する百歩神拳
音は媒質の違う境界面では、ほぼ全反射するが人間や鳥の場合 
頚椎の一部の神経が極端に外部に近いため、低周波音によって攻撃可能
言ってみれば騒音公害を人体で作り出す、対生物限定必殺技
全反射は《ほぼ》であって低周波音は浸透しやすく、さらに異媒質内に入ると音圧は倍加する
私は人類の常識ではまだ未完成の遠距離暗殺兵器の作り方を知っている





全人格の持つ技術を全てメモに書いておいたから今でも説明出来るよ 
昔・パソコンさんなど持って居なかった時 お互いの人格はそれぞれ学問の得意分野が違うため
他の人格が開発した能力を完全には把握していませんでした

その為過去に書いたブログ無いでは矛盾があるよかになっていますがその時書いていた人格は勘違いしていた(正確には開発した人格が居ないため忘れていた)のです

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

昔話 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<勝手に東方世界を考察してみた 十七夜 | HOME | 一人遊び上手?な私です>>

この記事のコメント

記事を読ませていただきました。
うーん、確かに常人とは比べ物にならない程の濃密すぎる人生。
まずは、あなたが今日まで命があって、こうしてブログを書き、また、僕がコメントができていることに感謝。

単純に便利なんて言ってしまってごめんね。
それだけ代償があるのは当然だよね。

本当は、そういった能力を使わずに生活できることが望ましいのかもしれないけど、それにはまず安心できる環境が必要ということなんでしょうねぇ・・。

なにはともあれ、約束は守りますよ!
今後ともよろしくです!
2012-08-06 Mon 03:43 | URL | rat [ 編集]
にゃぉ~ いっぱいありがと~
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ バタッ 
2012-08-06 Mon 09:24 | URL | 斑のゆーか [ 編集]
今までのまとめみたいな感じですね
年代別にされててわかりやすかったです

私は幼稚園の頃は怒られて悲しかったぐらいしか
覚えてないや
2012-08-06 Mon 18:36 | URL | ダメ子 [ 編集]
以前は生まれてからその時点の日までを殆ど思い出せていました

今、記憶がボロボロになって殆ど思い出せなくなったの

私は自分が楽しかった時の記憶を何度も思い出していたのだけれど

それが思い出せなくなったら普通の子になってしまった

ん~ 普通ではないね^^;
2012-08-06 Mon 23:03 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。