ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

勝手に東方世界を考察してみた 二十夜

全然、謎を解こう?という気が起きない神霊廟ェ・・・

まぁ閃きというか直感 推理の足場でも無いとどうにも為らないのですが

全然、前フリでは無いので地霊殿の黒谷ヤマメについて
黒谷ヤマメについて何故考察が進んでいないのかというと

東方のキャラクターは、まずゲームの主題となるモチーフ

ボスキャラから製作されていき 最後に1ステージへと繋がっている様に思えるの

発想の起点から遠い為 枝葉になると関係が薄くなってしまう

要素が薄いので、いくらでもこじつけれそうで困りました


私の虫の知識ですぐ思いついた蜘蛛はトタテグモ

地面に穴を掘って巣を作り 地中から穴のそばを通る獲物をじっと待つのです

穴には土を糸で固めたフタがあって見た目に巣穴は判りません

地底のへの入り口の番人として相応しいと思うんだ


蜘蛛さん苦手な人は見なくてもOKです


まず重要なのは地霊殿を長崎由来と考察しています

それがなくとも【病気を操る程度の能力】という事から

海外からもたらされた【梅毒】がまず思いつきました


問題はヤマメが蜘蛛の妖怪として描かれている 

中ボスのキスメが井戸の妖怪である

ヤマメとキスメは何か近い関係にあるのでは? そもそも名前も似ている

ヤマキス

屁理屈と軟膏はどこにでも付くとも言われるの物なので・・・ 

まず《地底の洞窟》 地霊殿は地下ではなく現実世界では長崎の出島を指している

ヤマメ・キスメのプロフィールは、何か別の形に言い換えられているのです


まずは井戸の妖怪キスメ 井戸端会議 時を忘れる程でしょう
どんな話題をしているのか?
キスメのスペルカード【Well distracter】不健康でも気にしない?
不健全な会話?


梅毒をイメージした黒谷ヤマメは蜘蛛=女郎蜘蛛

そこから遊女はすぐ連想出来ます 病気の蔓延の理由もこれで頷けます


地霊殿は地下 洞窟であるという事からヤマメが
何故洞窟に居なければならないのか? 

旧地獄という言葉から芥川の【蜘蛛の糸】?

しかし、イメージが繋がらなかったの

遊女の歴史 
抜粋

来日外国人たちは、長崎丸山遊郭における娼妓としての役目を終えた女性たちが
ごく普通の結婚をしたり 売春していた過去を後ろめたく思わないことに驚いたようです。

また、宗教的な要因もあります。姦淫を禁じるキリスト教よりも、仏教の性倫理は多種多様です。
女犯を禁じる宗派もあれば、フリーセックスを肯定する教義もあり、庶民の間でも人によって
かなり感覚が違っていたようです。
「慎ましく献身的な女性」という理想像は、明治以降になってようやく庶民の間にも根付くようになった
価値観と言えるかもしれません


ヤマメ
 「おお? 人間とは珍しいねぇ。
  地底に遊びに来たのかい? あそこは今お祭り騒ぎよ
  誰も拒みやしないから楽しんでおいき」



客二つ潰して夜鷹三つ食い(川柳)
十六文のそば三杯を食ったので、二十四文の客二人分の稼ぎをフイにしてしまった

蕎麦:隠語 売春婦
こいしのグルメ

蜘蛛の糸と一杯のかけ蕎麦には人情があったのかもしれない

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

東方上級者向け | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鬼神誕生 【時間旅行】????  | HOME | 恐怖のパラノイア人狼劇 ニ日目? 後編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。