FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

シャーク ドルフィン サンダーバード 参話

ボーイスカウトの訓戒は『備えよ常に!』

いつでも事態を想定して、備えよって事なんだけど

いつでも持ち歩ける物資には限度があるじゃない? 重量的にも手間としても

じゃぁ 何を備えていたらいいのかなって? 心構え? 苦しくても我慢するココロ?


そういうがの脳まで筋肉って言うんです!


『知恵と知識と実行する技術』 コレでしょう?何時でも持ち歩ける【備え】って!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ボーイスカウトのサバイバル訓練は色々あるけど

完全に暗闇になった夜の曇の日を選んだ山岳訓練とか

軽く死者が出てもおかしくない様な内容だけど、お話として使えないからパス


とりあえず・・・

今回の お話に関係ありそうな?訓練の話だけ書くことにするよ


皆は、ガスコンロ以外で火を扱った事あるかな?

都会生活では~ 花火とか? ライターを使ってだよね マッチやロウソクかもしれないけど

火は便利な人類に必須の道具

だけど現代人は道具に使われてるような気がするよ


今回は、訓練と言っても、ある休日の昼間だけのお話なんだ

ボーイスカウトと軍隊に違いは幾つもあるけど 

たまには授業参観みたいに『親が見ていい時が』あるんだ(訓練に参加はしない)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どんな環境でも人は生きてる限り お腹が空く物です

火起こしはサバイバルの基本中の基本 これが出来なきゃ ずっと食事が作れません

それが悪天候ぐらいで左右されたら困るよね?


『乞食殺すにや刃物は要らぬ 雨の3日も降ればいい』ってね! 


『大雨が降って、かまどが浸水した状況においても

火起こしが出来るか?』って言うのが今回の訓練内容

何人かの子供達の親が見てる前だけど 

私達は一度も事前に火起こしの仕方を習ったりしていない

ぶっつけ本番ですけど~ まぁ火ぐらい起こせるでしょう! 人類なんだから!


(私の入れられた)ボーイスカウトの訓練の悪い所を上げるとするなら 説明不足かな?

それとも理解力が無い【ゲーム脳】の子供が悪いとも言えるけど 

困難が発生した時 ソレが何の試練かなんて、説明テロップが画面外に表れたりしないもんね?


私達に言われた事は~


ここに3日間、水に漬けた薪がある

これを地面を掘って作った【釜戸に水を満たした状態で】

3本だけのマッチを使って火を点ける事

使用していい道具は鉈のみ



実際は違う言い方だったけどね


1:2メートル程間隔を開けて横に整列する

2:地面に釜戸を作る為の穴を掘る (2m離れて~ 釜戸が近すぎると邪魔でしょ?

3:水を汲んできて、その穴に満たす 注:粘土質なので水は無くならない

4:準備された薪だけで火を起こす その際、使用していい物は 3本までのマッチと鉈のみ 
  (新聞紙とか使わないって事

5:火を起こせた者にのみパンを作る材料を支給する それを使って自分の昼食を作る

6:相談してはいけない 協力してはいけない 出来ない場合、昼食抜き


こういう言い方だったから その訓練って何のため?とか考えない子には、必要性すら分からない

単なるいつものシゴキかぁ~ ご飯一食ぐらい別に 後で家で食べればいいもん

中学生の子供の反応なんて、そんな物だったのです


え? 何か他人事の様な言い方だって?

うん、凄く他人事! この程度、工夫すれば一瞬です! 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           
まず、私は考えた どうすれば火がつくか?じゃないよ? 

そんなのすぐ思いつく

協力も相談もしてはいけないけど、私達は隔離されてる訳じゃない 

作業工程を盗み見るのは自由な筈だ 広い空き地なのに各自2mしか離れてない 

だから、私が誰よりも素早く火を点けて見せれば 

それを見習って全員、食事が出来るはずだね!
やったねタエちゃん?
↑見た瞬間、真似出来ると思ってる 10分見ただけでスケートが滑れる様になる子だから
簡単過ぎる作業は当然即できる物と思ってる


支給された薪は4本 直径は10数センチ程 長さは30センチぐらい

もちろん、このままじゃマッチで火を点けるなんて不可能だから鉈で割る


板材を作る様に短冊切りに断ち割る
02_k09.gif


特に薄く割れた物を選んで 今度はソレを千切りに断ち割る
02_k10.gif

全て包丁とは違って、薪を立てて割るんだよ? 野菜じゃないからね!


これで長さ30センチの【マッチ】の完成 30本ぐらい用意した (3ミリ角程しかないよ!


板状に割った薪で浸水した釜戸の上に土台を作って (注:塞いじゃダメなんて指示されてない

その上に拍子木切りにした薪を格子状に組む
02_k07.gif


キャンプファイヤーをする時みたいにね?


その中心部分には、一センチ角ぐらに千切りにした薪で三角錐を組む


全ての準備が整ってから、長さ30センチ3ミリ角に加工した薪

これを5本纏めて下に向けて一本のマッチで一度に火を点ける

マッチが短くなると熱くて持てないでしょう? 

でも、この長さなら 火が消えない様に下に向けて持っても熱くない

別に鉛直に持つ必要はないよ? 少し斜めにすればいい

木材に火を点けても上に向けて持てば消えてしまうけれど 下にすれば火は消えない


ランプの精の3つの願いには反則があるよね 

一つ目の願いで願いを増やすって奴

マッチが3本しか無いなら 増やせばいいんですよ! 


私は、この方法で最初の一本目の【本物のマッチ】以外使わずに

30本用意した 長いマッチを10本使う事無く薪に火を点けた


全ての作業を終えるのに10分程度 格子組みした薪がゴウゴウ燃えてます

隊長から火の勢いを見て合格をもらい 15分後にはパンを焼き終えて お食事タイム!


さて・・・

周りを見回して見ると・・・ (作業中も多少見てたけど

私は食事してるのに誰一人 火が点いてない
20100525-mist.jpg


私の真似をしてる子なんか一人もおらず、まだ薪を割ろうとしてる子か

3本のマッチを全て使い切った子達しか居なかった

こいし 落ち込み
誰も真似してない・・・ というより真似できないと言うのが正しい

誰も鉈をナイフや包丁の様に、自在に使いこなせないんだ
(恐らくナイフも包丁も扱えないだろうが)

トンカチで釘を打つ時 間違って指を打っちゃう子とかだと

怖くて薪を手で抑えながらじゃ鉈で割れない

薪割り用の台座なんて、この場には無いから 

周囲に大きな石も無かったので、私は薪自身の直径より小さな石を土台に

《立てた薪が倒れるのよりも素早く》鉈を振り下ろして薪材を割っていたの
鉈女

薪すら割れずに居る子達は そもそも、石を下に敷いたりせず 

土の上に薪を立てて割ろうとしてる

しかも倒れない様に手で抑えてるから、ゆっくり振り下ろす事になる

半分にすら割ってない薪に、マッチで火を点けようとするんだから燃える筈がない


【文明人】の中学生って道具を使える動物より使えないの?


薪を割るために石を土台に使う事すら思いつかない?


残り、全員昼食抜き?と思いきや 今回はボーイスカウトの普段の訓練を見せるため

親も来ているし、それはマズイと思ったのか マッチは何本使っても良い事になった


シャーク班の子2人が、大量のマッチを《釜戸以外の濡れていない》地面の上で燃やし

彼等に出来る範囲で、細く割ったと思われる薪に僅かに火を点けた


もう完全にレギュレーション違反してるけれど 黙認され、とりあえずパン焼き作業に入る2人

が・・・ ダメ! 火力不足! 他の薪が太すぎて燃え移って無い 

この薪木は、3日間水に浸されてるんです 細く割れなきゃ火は点かない


結局、食事出来たのは 私だけだったんだ

この試験で私は、ボーイスカウトの火付け炊事の技能賞を貰う

自動車の教習所と違って 燃焼とは?とか剛体とは?なんて筆記試験は無い

そして、これを持ってい無い子は 火の番や炊事、鉈の扱いを許可無くしてはいけないの
  
周りの子は、悔しいとも思って無さそうに見える

こんなのは【出来なくて当然】って事?

一生、ボーイスカウトに居る訳じゃない 確かにそうだけどコレから数年は居るんでしょ?

出来ないと今後、マズイ事になるとか思わないのかなぁ


この試験が都会生活の子供達にとっても意味があるとすれば


自分で考えて工夫する事


でも参加した子供達にとってコレは


上から言われた嫌なことは耐えて時が経つのを待つ事


でしかなかった・・・

20101030-mist.jpg

コミュニケーション 意思疎通が出来て居ないって点では 

ボーイスカウトの指導者(シニアスカウト)も子供達も一緒

手旗信号で遠距離通信出来る訓練とかしてても意味ないね

コミュ症どうしで意思疎通出来ないから!


認識にズレがある事に大人も子供も気づいていないの

何でもボタン一つで完了する文明社会に生まれた子供は 

【努力する】【工夫する】必要性を感じていない


問題なのは火を起こせない事ではなく

動物と違う、思考し 考え 行動する 人間として機能していない事が問題なの

努力も工夫も必要も無く、この子達は

大人のエゴを満たす為だけの家畜になっていた


シニアスカウト『子供達を導く俺かっけぇ~』みたいな? 導けてないよ!?

訓練はどんどん進み 子供達は何も習得しないまま より困難な事象に当たる事になる



続く!

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

鬼神誕生 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<絶滅する記憶 『ツチノコ』  | HOME | シャーク ドルフィン サンダーバード 弐話>>

この記事のコメント

体育会系のノリみたいなのは
なかなかなくならないみたいですね
そしてそっちの方が社会では有利という…

とか言っても私も中学生の頃だったら
火を付けれた自信はないですが
2013-10-25 Fri 16:50 | URL | ダメ子 [ 編集]
私と大人も薪割りまでは出来ると思っていたのが誤算でした

薪割りも含めて、作業が速すぎて周りの子達は

私の作業を見たんじゃなくて

既に燃えている状態を見たんだ・・・

タブンそれで 簡単に火は点くと考えてマッチで殆んど割ってない薪に火を点けようとしたのかな?

・・・もちろん点くわけないのでした



体育会系は優秀な人間を育成するのが目的ではなくて

どうやってでも自己アピールをする方法 動物のプライド宣言みたいな

縄張りの確保=社会的地位の獲得法 を

知恵や技術と同列な存在として自己正当化出来る状態を維持する事が目的

なのだと思う

2013-10-25 Fri 19:33 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |