FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

八百万の神々 Episode 2d

今回から卑弥呼の時代を中国側の視点も合わせて見ていくね

大陸に住む人々にとって、全身に刺青した倭人は ひと目で倭人だと判る

非常に高価な球形の真珠を、その価値と不釣り合いな

卑金属と交換していくのを見れば中国人は何と思うでしょう?

真珠の本当の価値を理解していない未開の国! 

倭国に行って自分で真珠を採ってくれば

大金持ちになれる!!!


そう思うのが自然じゃない?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
三国時代の概要とかは すっ飛ばして行くよ~~ 長くなるし

三国時代
↑あくまで推定航路ね! ジャンク船の性能なら季節風に乗れば陸沿いに移動せずとも
2日で九州まで着くのにこの航路は無いなぁ・・・ まっすぐ突っ切った方が早いでしょ?
ジャンク船

三国志で有名な強い武将はどう思ってるか知らないけど

普通の人々にとって戦争中に兵役を強制される事は

そのまま死を意味するよね?

戦争で死にたくない! 税金も労役もまっぴら! 

でも他に生きていく場所もない・・・


倭国大乱? 戦争なら中国にもありましたよ…
倭国とは比べ物にならない巨大な戦争がね…


そんな頃に倭国から 【お上りさん】 がやってくるんだよね 

全身に刺青をした ひと目で倭人と判る人々が、真珠で卑金属や安物を

到底不釣り合いな交換レートで交換していくのです

ミストさん1<こんなの普通じゃ考えられない!


これを魏や呉の支配者から見ればどう思うかといえば 

戦争中に自国の武将に渡す 【報奨金の資金源】 となる

敵国の武将を寝返らせる事だって出来る

だから高価な真珠をもたらす邪馬台国は大切な存在 

戦争中の経済支援としての関係が成り立つほど真珠の価値は高い

そりゃ金印ぐらい ポンと くれますよ 常識的に考えて・・・

でも今は そんな事は どうでもいいんだ。 重要な事じゃない

大陸に住む人々から見て倭国の魅力は何か?って事

兵役も労役も税金も無い国がある!?
 
でも、それって国家って言いませんよね…

しかも中国に持って帰れば大金になる真珠が採れる!!?

これじゃぁ俺… 中国に住みたく無くなっちまうよ… 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回、Episode 2cで疑問に思われた人も居るかもしれない

いくら卑弥呼が潜りの達人だったとしても

海洋民族である他の倭人がひれ伏す程の能力を

【一人】 で有すると思う?


この時期に何故か多くの 【海に潜る事が苦手な人々】 が

邪馬台国に居た事になる 

しかも その人々は真珠の大陸においての価値を自覚している

それは大陸から戦火を逃れてやってきた

移民たちと考えるのが自然じゃないかな?

海洋民族だった人々が、簡単に農地に適さない大地で

耕作が可能なはずがないよね?

つまり卑弥呼の元に平伏して居た人々とは

大陸からの移民だったのだ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この頃の邪馬台国を移民・倭人の
男女別の婚姻関係から見ていくよ




移民の男は海で漁を行う事より農地を作る方が得意 

また慣れ親しんだ食料が倭国に無い為、ごく自然に農作を始める 

倭人の妻としても食べたことの無い新しい食料をもたらす移民の夫は魅力的だ

農作物が実るまでの間の漁労収益をもたらす倭人の娘は大歓迎

移民の男は真珠採りが可能な倭人の女が欲しい



農地の開梱が重労働で、海に潜れない移民の女が漁労にも耕作にも向かないとすれば

言葉も通じない習慣も違う 移民の女を倭人の男は欲しがらないだろう 

倭人の男は従来道理、倭人の女を妻として娶りたい



移民の女は農地の開梱が自力で困難なので

生活の基盤を海に求めたいが、海での漁も得意ではない

働けない者は婚姻関係を結べないので、漁労を習う事で花嫁修業とする

その中でもっとも 【金銭的】 収入が多いのがアコヤガイ漁となる

全身に刺青をする習慣がある倭人との婚姻を避けたいと思うなら

移民の女はなおさらに、真珠を欲しがる移民の男の為にも花嫁修業として鬼道・潜水術を学ぶ

移民の女は男を選べる立場に無く 
夫が欲しければ、卑弥呼の下で修行を行う必要が出来た




倭人の女は男を選べる立場にある 真珠採り以外でも漁労収益があるからだ

どちらの男を夫として選んでもいいが農業収益が安定してくると

移民の男に軍配があがるようになる

倭人の女は移民の男を夫として選びたい

移民の男女比率がどうあれ
【移民の夫+倭人の妻】 という婚姻関係が標準型となると
倭人の男は結婚にあぶれる事になる

移民が憎い! 移民の男が女を奪っていくのだから

元から住んでいる男達が大乱を起こすのは当然だ!


邪馬台国が北九州に在ったと仮定するなら

倭国大乱や邪馬台国・女王卑弥呼と
敵対する男の王・狗奴国がどのような物か見えてくる

それは結婚できない男・婚姻が難しくなった倭人の男が
大陸移民の影響を逃れて南に移り住んだ物なのだ


Wikipedia卑弥呼より抜粋
既に年長大であったが夫を持たず、弟がいて彼女を助けていたとの伝承がある。
王となってから後は、彼女を見た者は少なく、ただ一人の男子だけが飲食を給仕するとともに
彼女のもとに出入りをしていた 宮室は楼観や城柵を厳しく設けていた。

卑弥呼が高い塀に囲まれ周りを見渡す
鐘楼のある宮室に住むのは当然で
彼女は結婚できない倭人の男に疎まれただろうし 
挙句、命を狙う者も出るだろう
これでは容易に人前に顔を見せることは出来なくなる 
卑弥呼が死した後、殉教者が一緒に埋葬されたとあるが
それは鬱陶しかった卑弥呼の太鼓持ち達を
一緒に葬り去っただけの事だ

卑弥呼自身が結婚出来ない理由も判る 
倭人の男達から見れば卑弥呼は大敵で
夫を迎えれば、その男は殺されるだろう

倭国で生活基盤を持てなかった異民族に手を差し伸べた卑弥呼

だが彼女の人生は多くの人びとの思惑で歪んでいく

移民たちに与えた幸福の分だけ

卑弥呼の幸福は失われたのだ!



海で生活出来ない人々に生きて行って欲しいって私の願いが・・・ 
倭国を大乱に導いてしまったんだ
私ってホント馬鹿・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて・・・ ここまで説目すれば卑弥呼が何をしに中国大陸に使者を送ったのか見えて来ると思う

卑弥呼は大陸側からの移民を法律で禁止して欲しいのだ
大陸側の支配者としても真珠をもたらす邪馬台の国が
乱れる事は非常に困る
真珠を得る事によって中国国内の武将への
戦争の報酬となるのだから

移民の流入が起こるのは邪馬台国から
真珠が採れるからだけでは無い

兵役が無い、労役が無い、税金が無い、法律がない、

邪馬台国が 【国家】 では無いから、好き勝手に生きれるから
移民が起きるのだ

邪馬台国をこれ以上乱さない為には、国家としての体裁を整え そして中国大陸において 
倭国・邪馬台国は 【国家】 であると宣言してもらう事

その事によって 例え大陸から兵役を逃れて倭国に渡っても
中国と生活は変わらないゾ?と(魏の国民に)
念を押して欲しいのだ

卑弥呼は倭国大乱を軍事的後ろ盾によって収めてもらえるとは思っていない


魏皇帝・曹芳は女王を親魏倭王とし、金印紫綬を授けるとともに
銅鏡100枚を含む莫大な下賜品を与えた。
また、難升米を率善中郎将、牛利を率善校尉とした。

とは、国家運営に必要な知識を教授する為! 

金印や銅鏡など外面的な飾りに過ぎない 

法律を整え兵役を課し、税金を徴収し国を安定させる

魏皇帝にとって真珠をもたらす卑弥呼に

最高権力者になってもらうのが差し当たって都合がいい

こうして卑弥呼は女王として移民たちに擁立され邪馬台国は
【国家】 として誕生する

魏に使者を送る前は邪馬台国は 【国家では無かった】 のだ!!



邪馬台国という国名は 

やまたのくに → 【あま】【た】の こく

海女が多くの田を所有する国という意味


ヤマタノオロチ伝説とは倭国大乱と農耕文化継承の事であり 

大陸からの移民が元から住む倭人の婚姻を阻害した

姫(倭人の女)を八岐之大蛇(大陸移民の男)に獲られる

8つの頭・口を持つとは
言語の異なる8種の異民族と捉えるか? それとも・・・

頭は8つでも胴体・尾は一つ 
そして稲刈りの様子を思い浮かべれば
八岐之大蛇とは稲その物だ 
稲作をもたらした渡来人を倭人が伐った伝説なのだ!
稲穂
九州の火山性大地 【アカホヤ土】 赤くて役に立たないという意 この赤色をヤマタノオロチの腹は赤いと言ったのでは?(腹側が大地に接するでしょ?

大陸から止めどなく流れこむ移民の流れを大蛇と表現し 

その流れを断つ事によって国難を排した

尻尾から現れた草薙の剣とは

稲の穂を刈る為の草刈り鎌の事であり

大陸の稲作文化を日本が受け継いだ事を意味する


草薙の剣
何かの形に似てない?限りある鉄をこのような形に加工して紐を手首に通し稲穂を刈る鎌とした



歴史の謎は霧の中? Fin

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

【時間旅行】 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<八百万の神々 Episode 2e | HOME | 八百万の神々 Episode 2c>>

この記事のコメント

本当のところは私にはよくわからないけれど
互いの思惑がぶつかり合うようなことは
昔から今と同じように行われてたんでしょうね…
2014-05-07 Wed 18:32 | URL | ダメ子 [ 編集]
にゃ~お 現代人は今の政治家の言うことは鵜呑みにしないのに

なぜか歴史や伝説としてなら文字通りにしか受け取らないのが

不思議に感じる私です

このペースで終わりまで書けるのかちょっと心配・・・
2014-05-07 Wed 19:16 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。