FC2ブログ

ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

八百万の神々 Episode3e

唐突だけど 【歴史】 って何だと思う?

起こった出来事を時間軸上に順番に記録する行為?

ううん、違うの

【歴史】 って云うのは
【思想/文明の継承行為】 とイコールじゃ無い

自分達の 『以前の思想を継承する事』 を 【拒否】 した時


今の自分の立場、正当性を他者、子孫、非支配者に
肯定させるために創る必要性が生じる
【如何にも尤もらしい物語】 の事を人類は
【歴史】 と言って居るの

Qベェ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回、神道と仏教の扱いはどの様な物か?ってところで
終わったね

私が 【神道は宗教では無い】 って言うのには、まず一つに

原始宗教とは、人が動物の群れとは違う
【集団】を形成する際に必須となる 【倫理観】

その特定集団内において理性・非理性・論理・非論理を問わず
行なって良いこと悪いこと 善悪を定義する事で
集団内での争いを第三者が裁定する為に必要になる方法論

これを普遍的倫理を伴った物を現代宗教と言うならば
特異的倫理に限られた思想を原始宗教として定義している


長いな! 

要するに、人が集団生活を送るには
何が正しいか間違っているかを定めないと
争いを仲裁出来ないため、いつまで経っても
人類は一定数以上の集団を形成出来ない

人類が 【集団を形成】 するためには 【宗教】 という
【善悪を定めた教え】 が必要

人間が人類という集団を形成・維持出来るのは
善悪の観念を共有しているからだ

逆に言えば倫理観の異なる集団と
争い無く付き合う事は出来ない

注:普遍的倫理を持った宗教など存在しないが
仏教はソレに近い

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神道が宗教として誤認される理由はたった一つ

仏教と勢力争いをした?からだ

つまりこうだ 

仏教は宗教である 
仏教と争ったならば神道は仏教のライバルである
ライバルであれば神道も仏教と同じ宗教である


何かオカシクない? 

サッカーはスポーツだ
サッカーと争ったならばフーリガンはサッカーのライバルである
ライバルであればフーリガンもサッカーと同じスポーツである

これって正しいかな? 正しくないよね!?

現代の神道も宗教の定義には当てはまらないと言うのに
過去も宗教で在ったなどあり得ない



前回、仏教は渡来人を管理する為に必要な物として
導入されたって書いたね

という事は?

神道は渡来人と何らかの深い関わりが在り 
その関係を阻害されるから仏教の導入に反対した


渡来人と日本人の関係で一番重要な事は何?

海外との貿易が最も重要な仕事だよね!!


例えば金銀を産出しなかった頃の大和朝廷で
何故多くの金銀が在るのか?

もちろん熱心に貿易を行なったからで日本の特産品は
当時、世界では日本以外の世界ではインドとアラビア湾でしか
採れない海洋産の真珠だ
(注:淡水産なら中国にも在ったが価値が低い)


神を渡来人であると認識するならば 
神事の有り様は違った物として私には映る

その年に作った最高のお酒と一番良い食べ物を用意し
神に会う前には体の汚れを落として身奇麗に禊を行い
若い女性に白い薄衣の衣を着せ 
神主は外で仕事など一切した痕跡の無い真新しい服を来て
神の相手を巫女を通して行う

神との出会いは秘匿される神事・禁足地で行われ
外部にはその内容は用として知れない



ん? 何かに すご~~く似てないかな?かな?


商売する前に体を綺麗にしておかないと貧乏人に
見られれるでしょう? 
商品が高く売りつけれないから禊する 
服も労働者階級で無いことを示す汚れの無い物

商取引する為に必要なので 神=渡来人 と通訳するため
渡来人との二世三世・・・と世代を重ね
言語を一子相伝で継承し続けた者だけが成れる巫女

神=渡来人を慰安するための酒と料理と舞と音楽

人(日本人)が神(渡来人)と、どの様に付き合ったら
富を得られるかというノウハウ 

その商売上の最高機密を、誰にも知られなければ 
自分達だけが渡来人と有利に交渉出来る状態を維持するなら
即ち日本国内においての富と権力は揺るがない

(対馬から銀が出たので朝廷に献上している云々という記述が書紀にあるが
そもそも対馬に銀鉱床は無い 鉱石を溶かす燃料として樹木も伐採されて無い
木は燃やせば炭になる 炭素は原子だよ?
土に分解したりしないから証拠は残る

神の力で手に入れた? 
海外との貿易拠点から銀が出たのなら、それは
商売の利益で出した物であって
万が一にも銀鉱床が在ったなら対馬に海峡を掘削した時点で
発見されている)


接待
神話と言うのは 『お前たちどんな人間なの?』 という
渡来人の問に、接待の酒の席で答える与太話だ

アトランティス伝説もエジプトの神官が酒の席で話した
与太話でしょう?
海に沈む国なんてエジプトその物じゃないですか!


個別の豪族達にとっての神話は
自分達が貿易によって富を得、権力を維持する為に必要な
商売上の交渉技術の蓄積を秘匿する為に在った存在
神妙になって聴く物では無く客を楽しませる話芸

大阪って商売と漫才の土地だよね?なんでそんな文化が育ったのかな?


物部尾輿と中臣鎌子が
「【わが国の王は】 天地百八十神を祭っています。
蕃神を礼拝すれば国神の怒りをまねくでしょう」
と言った意味は? 
(注:天皇はとか日本がとは言ってない 物部尾輿・中臣鎌子が仕えてる王が祭っている)

異国人・渡来人との商取引で富を得ていた物部氏、中臣氏
彼らからすれば 【一時的】 な天候悪化程度で
大事な商売相手の国民を神社仏閣に閉じ込め外とに出さず
粗末に扱う事は今後の国際的な商取引に悪影響をもたらす
自分達は大きく利益を損なう それを容認は出来ない

(以前は笑い話【神話】を聞かせてくれたのに今は説法
【教育】だ!なんて納得しないアル)

この時、火山の冬は始まって二年 
きっと来年には異常気象も収まる
蓄えた富、食料備蓄は何とか持つと考えていたのだろう
影響ない

だが火山の冬はこれからまだ10年以上続く事を
2人はまだ知らない

事態の深刻さを理解しきれて居なかった結果として
国政を担うに能わない勢力は淘汰される事になる


蘇我稲目、蘇我馬子も全てを見通して居たわけでは無い
日本中に疫病が流行したのは、蘇我氏が
仏法を広めた為だと糾弾される

大陸から持ち込まれた天然痘・麻疹(はしか)の流行は
仏教教育が終わった渡来人を各地に配属した結果だ

確かにこれを神の怒り、呪いと言ったとしても
事態が起こった原因は間違いではないので仕方ない

とにかく寺院には疫病の原因がある 
それを焼却処分するのは妥当な判断だ

だが、これ等が言えるのは私達が現代人だからだ

この時代、この時の大和政権 いやどのような人物で在っても
何が正しく何が間違った行為なのか?
誰にも判別つく物では無い

僅かでも過ちあれば自分達も物部氏中臣氏の様に
誰かに討たれる運命を辿る

だからこそ必要になった 
自分達は正しい行いを続けた結果として
支配者の立場に居るという証

古事記・日本書紀の編纂 = 大和朝廷、公式見解としての
神話の解釈
日本初の女帝の誕生と隋書にあるアメノタリシヒコという
男の天皇が存命している謎



日本神道が宗教では無く、古事記、日本書紀が
歴史書で無いとするならば
どの様な意義を持った存在だったのか?

各地の豪族たちが語る神話の意味と
古事記、日本書紀の存在意義は全く別物なのだから!


また次回へ続く!


テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

【時間旅行】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<八百万の神々 Episode 3f | HOME | 八百万の神々 Episode3d>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。