ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

八百万の神々 Episode 5

祖霊信仰と家制度に隠された貨幣価値の浸透


話を書く【順番に困る】題材が多いのですが 前回
偶像崇拝について書いたので・・・


祖霊信仰とは何だったのか?


なんて書いてみたいと思います 題名でネタばれ?

題名で分かってもらえるなら、どれだけ楽かと・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人は自分優先で物を考えます 人は・・・ というのは
語弊があると御思いでしょうか? 

少なくとも動物は自分本位です 死んでしまった仲間に
長く拘る事はありません 


人間は、遠い祖先にまで思いを馳せる必要がいつ生じたのでしょう?


それらは【家】という制度の中で個人の順位を高めたり
定着させたりするために必要な行為

いわば自分本位の別の側面でしか無い物なのです


【家】とは過去に獲得された権利を現代、未来へと受け継ぐ
【時間軸】をもった群れ

自らが過去からの時間軸をもった群れの一員であると言う自覚の表明

その群れの中での地位を獲得する事が祖霊信仰の正体です


動物の群れと人間の【家制度】の違いは

【時間軸を保有する群れの概念】が在るか無いかなのです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

古代社会にお金、貨幣制度が浸透していく過程である事が起こります

それは貨幣には価値を恒久的に保存する能力が
あるという事に『人々が気づく』事です


古今東西、【贅沢禁止令】という法の施行される事があります


これは人々、家々が贅沢を行うには収入に対して長期間の
貯蓄を余儀なくされるから


現代社会と異なり、銀行も無く 貨幣生産量に限界がある社会

市場に長期間使われる事のない貨幣があると
どうなるでしょう?

それは流通貨幣の減少からくる貨幣制度の崩壊です


金本位制度の無くなった社会に生きる人々には
想像が難しいかもしれないので書きましたが

人々が贅沢を行おうとすると社会、国家が崩壊します

貨幣、金銀の流通量を確保するために人々はシルクロード貿易などの
経済侵略を行ったり

物理的に戦争、侵略を行う 戦争の歴史を作り上げる結果となりました


それほどまでに【恒久的に価値を保存出来る道具】

【貨幣】という存在が歪な物なのです


1代で築いた財産に対して課税を行わない場合 2代3代と資産は
膨れ上がって行き 悠久の時をかければ全世界も所有可能でしょう
ただし、互いの権利の主張は すぐに争いに発展するでしょうけれど

恒久的な価値の保存は 人類に存在するはずの無い無制限な権利の主張を
論理的に可能にしてしまった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここに一つの思考実験を行いたいと思います

人間が一生涯で1億円のお金を残すとします

家という制度が無く 人が皆、個人で生きるならば
死者の金は社会が吸収するでしょう

ですが家という制度がある場合 死者の所持金は家族が
全て継続します

価値を恒久的に保存する能力≒貨幣なので

家系が長く続く家ほど巨大な資産を持つ事になります


しかし、前述の通り 現金で資産を全て保有してしまうと市場崩壊に繋がるでしょう


市場を崩壊させないためには人々は資産を貨幣以外の【何か】に還元しなければいけません

そして、それは最終的には土地になる事は説明が必要でしょうか?


この思考実験社会においては
家系が長く続くほど広大な土地を持つのです 


さて、日本でもっとも長い家系をもつのは当然、天皇家という事になります


というよりも天皇家がもっとも長い家系図を持つと古事記、日本書紀で記しました

何故、そのような事が必要なのでしょう?


長い家系図、歴史書を持つ意味とは何かお分かりになりますでしょうか?


それは家系が長いほど国家、【広大な土地】を【論理的に保有していい】


からです いわゆる大義名分という物ですね


そのため、天皇家より長い家系図をもつであろう他家の
歴史史書を廃止したり 初期の天皇の寿命を水増ししたりする必要に
迫られるの


家系が長く続くほど大きな権利、権力、土地を得る事が叶うのならば 
その家系の中で順位をあげたい
地位を高めたいと思うのは自然な信仰心でしょう?

その野心的な思いを表面上に表さずに済む行為が祖先信仰です

ナウシカ3

もう少し、追加で書いてみようと思います

日本書紀が書かれた時代、日本では金は産出しないと考えられていました 

日本が手に入れる事が出来た金の全ては朝鮮・中国との貿易の結果です

もしも金の貨幣だけで日本全土を天皇が所有 購買したと考えるには少しだけ誤りがあるの

この頃、日本の最大の貿易輸出品は真珠なのです 

中国側の日本の特産品の筆頭に上げられているのですから

ご存知の様に金GOLDには埋蔵限界値があります 

とても日本国内で算出した金で全土を買う事は出来ないでしょう

ですが生物由来である、アコヤガイからとれる真珠は乱獲して絶滅でもさせない限り

時間さえ許せば永久に採り続ける事が可能です

私は日本古代社会において、真珠を国内流通貨幣ではなく 

貿易、交易専用貨幣として扱われていたと推論している

貿易輸出品の独占が後に日本全土の掌握へと繋がって行くのでした

【時間旅行】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<八百万の神々 Episode 6 | HOME | 八百万の神々 Episode 4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。