ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

八百万の神々 Episode 6

本当はもっと長いシリーズにする予定だったけど

別の事も書きたいので巻いていきます

そろそろ八百万の神々って何だったのか?気になってたりするんじゃないかな?

オカリン0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本国内が天皇制の下に統一されると 
多くの下部組織にまで権利が分配されていきます

もちろん天皇が一番多くの権利を保有するのですが
それだけでは人々は言う事を聞かないの

何が言いたいのかというと

日本国内にもはや誰の物でもない 
利権者の支配下に置かれて居ないモノが存在しない



八百万の神々と言う言葉の意味を現代語に変換していくと

ありとあらゆる物に【神々】が【宿って】いるので
【粗末にしてはいけない】


上記の内容が八百万の神々への基本的な認識で
よろしいですか?


さて現代と古代では単語の意味が たとえ字面が同じであっても違います

単純に文字、単語の総量が違うために一つの文字に複数の意味があり

また、そもそもまったく違う意味で使用されている物でもあります


単純な例として 水という単語しか液体を表す文字がない世界があるとします(古ハワイ語とか


【水】という発言、文章を コップにある水 海水 雨 川 泥水 湖 井戸

たとえばこんな風に状況に合わせてたった一つの文字で
表しているのです


ありとあらゆる物に【神々】が【宿って】いるので
【粗末にしてはいけない】
の意味は・・・


【神々】=多くの権力者、権利所有者 

【宿って】=所有者の権利が宿って=所有権がある

【粗末にしてはいけない】
=勝手に使用、採集、変更、破壊してはいけない


ありとあらゆる物に【権力者】の【所有権が在る】ので
【所有権を持たない他者が勝手にしてはいけない】

注:国内の利権団体どうし、権力者どうしが争わないためでもある


天皇制という権力者、利権団体、機構が生まれたの
ですから 
権力が何を所有するか明確にする必要性がありますよね?
注:権力とは権利を有する為のチカラですよ?


八百万の神々という意味は 所有権の主張という思想

狩猟採集時代には【所有権】という単語、思想が無かったために
生まれた新しい考え方 新たに生まれた常識なのです



さて、この八百万の神々という言葉を最初に使ったのは
聖徳太子と言われていて

しかも発表した場所は小野妹子が国書を伝えるさいに
用いました


どういう必要性と意味があったかもう判りますよね?


日本という国は 既に天皇、その他の権力者が国内全てを支配していて
他所の国の皇帝、他国の者が勝手に出来る事は
何もありません

imoko.jpg

いやぁ じつに堂々とした独立国家宣言ですね!

え? 判りにくい宣言? そんな現代人でもわかるような
ストレートな表現で言ったら戦争になっちゃう!
歌読みみたいな格式ですよ! 国の要人になんと言ってるか理解できればいいの


天皇が皇帝を名乗らないのも アレ?皇帝なら日本の事を
好きにしていいよね?と言わせない為です


現代人は古代社会にまで思いを馳せはしても私の様に
本当に時間の壁を飛び越える事が可能な人間は居ないようです
オカリン2



八百万の神々 独立国家宣言  Fin
【時間旅行】 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<シャーク ドルフィン サンダーバード 四話 | HOME | 八百万の神々 Episode 5>>

この記事のコメント

神々が宿るというのが、権力者の所有権につながるのはなんとなくわかるような気がするのですが、何で欧米では「一つの神がすべてを作った」に変わったのに日本はそのままだったんでしょう?
文明は多神教から一神教に変わっていくという説をどこかで読みましたが…
2015-08-14 Fri 18:10 | URL | ダメ子 [ 編集]
6世紀の過去におこったクラカタウ火山は
地球規模の寒冷影響を及ぼしましたが
(うっかり人類が滅びかねない規模)

洋の東西で火山の影響に大きな差がでました
インドシナ半島付近では文明が完全に消滅
逆にヨーロッパ社会では大きな寒冷化程度で
済んだともいえます
(ただしかなりの長期間15年以上~不明)

その結果、以前までの裕福な生活ができなくなったローマ帝国では
新興の安い労働力を提供するキリスト教を大きく擁護する事になったと
私は考えます

その安い労働力のため多くの以前から居た労働者の仕事を奪い
弾圧が起きたはずです

その弾圧を国に対する妨害と断罪し キリスト教徒(安い労働力)を守るために
一神教の国教とし、国家としての意思を一つに統一していったのではないか?

と私などは考えています
2015-08-15 Sat 11:46 | URL | 斑のゆーか [ 編集]
おそらく日本で聖徳太子が使える者は能力によって貴族にもとりたてるとしたのは

より多くの人口が減ったため仕事の出来る人間がおらず
その仕事を行える者なら外国人も受け入れていったのでは?
その影響は陰陽師安部清明の時代あたりまでは続いたと思っています

そのうち八百万にでも陰陽師の話を書いてみます
2015-08-15 Sat 12:01 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。