ゆーかのらくがき日記

徒然なるままに、人類には速すぎるブログを書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

八百万の神々 【鵺】の啼く夜は恐ろしい 下

前回、急に耳なし芳一が語られたのが唐突に思えたかもしれませんが

鵺 ⊂ 平家物語 / 耳なし芳一という繋がりを持っている 

むしろ芳一の方がカテゴリーとして鵺よりも上に来る
注:数学記号なんて忘れて久しい


鵺は平家物語の一部でしか無く、平家物語はあくまでも
記録として残したい者からの言い分であり

耳なし芳一とは その物語を語らされた人々の事の顛末を表す事なのだから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まず、妖怪【鵺】について私が疑問に思い その正体に
ついて考えていった過程を書いてみます


【上】で 鵺を市民によるデモ、暴動と結論したのは

支配者が恐れるような【モノ】とは何か?

ソレは正体を隠さなければならないような物なのか? 
平家打倒のキーパーソンになりえるのか?



平家は打倒されたのか?→されてる 何によって? 

ある意味源氏の集まり=集会・集合を許した為


現代では、集合・集会の自由が認められているとは言っても デモ活動には届出、許可が必要であり、暴動に発展
しないよう警察による警護も行われます


現代においても支配者が最も恐れうるのは
国民をコントロール出来ない事態だと私は捉えている



この場合、位が老齢まで低いままだった源頼政(みなもとのよりまさ)は警護の警察官程度にしか平家、支配者層からは思われていない存在


特に英雄でも何でもない どこにでも居る存在
と、私は認識している



【中】では平安末期に 集合・集会の禁止 音楽あるいは
言葉の制限、ヨナ抜き音階などを新たに制定する音楽弾圧
政治批判を行なった者への拷問、殺害が在ったと結論しています


眼が見えない事が最大の不自由に思える芳一を 
【眼なし芳一】では無く耳が無い事の方が不自由と
考えうる理由は何か?

芳一は何を最も不自由とされた人物、人々なのか?


耳たぶが無いだけでは、側面方向からしか聞き取りずらい
という傾向はあっても音が聞こえなくなる事は無い


芳一という名前 方向が一つしか無い者とも捉える事が
出来る

支配者側の言いなりとなった存在 一方通行の【会話】
音の聞き取り【他者との対話】を不自由にされた者?

会話が一方通行とは 片方が一方的に喋る状態 演説?

芳一は眼も見えず、耳も常人より不自由なはずなのに 
演説【平家への従順】を説いたため社会的に裕福に暮らせるようになった


人の口には戸は立てられない その為、仕方なく音階を
減らすという暴挙にでた当時の支配者達

五弦の琵琶の封印と音階を二つ減らす事は何らかの大事件
として【一般人】からも捉えれておかしくない事態です

それが耳なし芳一の伝承だと私は考える


鵺という形が見えない恐ろしい【モノ】とは、社会政情
不安定である事の表れ 現支配者の影響力の陰り
=【亡霊化】 絶対的支配者不在の時期


後の鎌倉時代への移行 一つの時代の終焉 

鵺が奏でたであろう 改変される前の原始の曲

それはそれは支配者から みれば恐ろしい恨みの
啼き声なのですわ



幻想郷の九十九姉妹と平安時代の【鵺】って近しい存在だと思ってる
【時間旅行】 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<シャーク ドルフィン サンダーバード 九話 | HOME | シャーク ドルフィン サンダーバード 八話>>

この記事のコメント

鵺が暴動の比喩というのはなるほどそうかもなと思いました
調べてみたら音楽弾圧もいろいろ行われているんですね
耳なし芳一が音楽弾圧の比喩というのもそこはそうかもと思ったのですが、耳なし芳一の舞台は(平家物語を演奏しているため)鎌倉以降と思うのですが、平安時代の弾圧がモデルと言いきれるのでしょうか?
他の説として南北朝時代の琵琶法師(明石覚一)がモデルというのもありましたが
2015-08-29 Sat 09:52 | URL | ダメ子 [ 編集]
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ


物語冒頭で過去の出来事を語っている(かなり恨みに思っていた 清々した、という感じに受け取っています) 
「(支配者が代わったため)今は誰に咎められる事も無くなったので過去の恨み言でも話そうと思う」と私はまとめてみました



昔の伝承の時間軸 【同時代性の不一致】は、私も大いに悩む所ではありました

ただ、弾圧があった時期と同時期に それを彷彿させる内容を書き残せるか?という問題があると思います(口伝としてなら残せたはず)


『今ならば語る事も出来るようになったが・・・』(注) というニュアンスを含めた書き出しだったのでは?と自分の推理に(時間軸設定)甘いなとは思っています
ただ、他に妥当な推理、推測が出来なったというのが本音です


注:白色テロとか同時代に語る事が出来なかった物などがあったと近代を参考に考えてもいます

2015-08-29 Sat 13:24 | URL | 斑のゆーか [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。